ビタミンが豊富なローヤルゼリー

ローヤルゼリーには40種類以上の栄養素が含まれており、ビタミンも豊富です。
ローヤルゼリーに含まれるビタミンは「代謝ビタミン」と呼ばれるビタミンB群が中心です。また、ビタミンと似た働きをする2種類のビタミン様物質も含まれています。

ビタミンB群8種類とビタミン様物質2種類が含まれている

ローヤルゼリーには、8種類のビタミンB群と2種類のビタミン様物質が含まれています。

・ビタミンB群
ビタミンB群は、体内で酵素の働きを補助する補酵素として機能する物質です。ビタミンB群は「代謝ビタミン」と呼ばれ、糖・脂質・タンパク質を栄養素に変換するのに不可欠な成分です。
また、タンパク質の合成にも重要で、不足すると皮膚や粘膜の健康状態が悪化するほか、身体の成長に悪影響が及びます。
さらに、神経の機能を正常に保つ作用があり、不足すると神経障害や精神不安の原因になります。

・ビタミン様物質
ローヤルゼリーには、ビタミンに似た働きをするコリンとイノシトールが含まれています。
これらは以前ビタミンに分類されていましたが、体内で合成可能なことから現在はビタミンには分類されていません。

ローヤルゼリーに含まれるビタミンB群

ビタミンB群には、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ナイアシン・パントテン酸・ビオチンの8種類があり、ローヤルゼリーには8種類すべてが含まれています。

・ビタミンB1
糖質の代謝に不可欠な成分で、身体のエネルギー産生を促進します。
また、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保ち、記憶力や集中力を高めます。

・ビタミンB2
特に脂質の代謝に重要な成分で、生活習慣病の予防に役立ちます。
また、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があり、不足すると皮膚炎や口内炎の原因になります。

・ビタミンB6
赤血球の生成促進・ホルモンバランスの調整・皮膚や粘膜の健康維持といった幅広い効果がある成分です。
また、精神の安定や神経の正常な機能を補助する効果もあります。

・ビタミンB12・葉酸
ビタミンB12と葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれ、赤血球の生成に不可欠な成分です。両者のどちらかでも不足すると、悪性貧血の原因になります。

・ナイアシン
栄養素の代謝を促進するほか、アルコールの分解を促進して二日酔いを予防する効果があります。
また、毛細血管を拡張する効果があり、血行不良の改善効果や新陳代謝を促進する効果があります。

・パントテン酸
免疫力の向上・ストレス軽減・美肌効果などの幅広い効果があります。ローヤルゼリーに特に豊富に含まれているビタミンです。

パントテン酸について詳しくはこちら>>

・ビオチン
タンパク質の代謝と合成に深く関係しており、健康な皮膚や髪の形成に欠かせない成分です。不足すると皮膚炎・脱毛・白髪などの原因になります。

ローヤルゼリーに含まれるビタミン様物質

ローヤルゼリーに含まれるビタミン様物質にも、身体の健康と美容に役立つ効果があります。

イノシトール

イノシトールはアルコールの一種で、細胞膜に多く含まれています。
イノシトールは「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれ、脂質の代謝を促して肝臓への脂肪の蓄積を抑制する効果があります。そのため、脂肪肝や動脈硬化などの生活習慣病の予防・改善に効果的です。
また、神経細胞の細胞膜に多く存在しており、神経の正常な機能に不可欠な成分です。イノシトールが不足すると神経障害の原因になります。
さらに、髪を健康に保つ効果やパニック障害の症状を改善する効果があるという研究報告もあります。

コリン

コリンは日本ではあまり知られていませんが、アメリカでは必須栄養素とされています。
コリンは、神経伝達物質のアセチルコリンや、動脈硬化の予防効果のあるレシチンの材料になる物質です。
コリンには、脂質の代謝促進・肝機能の向上・脳機能の活性化・美肌効果などのさまざまな効果があり、身体の健康と美容に役立ちます。

コリンについて詳しくはこちら>>

ローヤルゼリーでビタミン補給

以上のように、ローヤルゼリーには数多くのビタミンB群とビタミン様物質が含まれています。
これらは水に溶けやすく、余剰分が体外に排出されやすいため、定期的に摂取する必要があります。
ローヤルゼリーは毎日継続して摂取する健康食品であり、これらのビタミン類の補給に適しています。

また、これらのビタミン類は互いに協力しながら効果を発揮するため、一緒に摂取すると効果が高まります。ローヤルゼリーには8種類のビタミンB群と2種類のビタミン様物質がバランス良く含まれており、それらを有効利用できるとても優れた健康食品です。

ビタミンは不足しがちな栄養素です。ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、ビタミン補給に役立ててみることをおすすめします。