貴重な国産ローヤルゼリー

国産のローヤルゼリーは、生産量が少なくとても貴重です。日本で流通しているローヤルゼリーの多くは外国産の輸入品ですが、国産のローヤルゼリーも安全性と信頼性の高さから人気を集めています。また、国産品は鮮度の高さも魅力です。
品質と安全性を重視する人には、国産のローヤルゼリーがおすすめです。

国産ローヤルゼリーはとても貴重

現在日本で流通しているローヤルゼリーのほとんどは外国産です。中でも中国産が最も多く、全体の約9割を占めています。国産のローヤルゼリーは、全体の消費量のわずか1%程度です。

日本でもかつてはローヤルゼリーの生産が盛んに行われていましたが、土地開発の影響などによって生産規模が大きく縮小しています。農林水産省によれば、1985年に約12.5トンあった国内の年間生産量は、現在約3トン程度に減少し、2トンを下回った年もあります。
国産ローヤルゼリーは生産量がとても少なく、非常に貴重です。

国産ローヤルゼリーのメリット

国産のローヤルゼリーには外国産にはないメリットがあります。

安全性と信頼性が高い

日本のローヤルゼリーは品質管理が厳重に行われており、高い安全性と信頼性が魅力です。
外国産のローヤルゼリーでも、日本企業が現地の生産に関わっている場合などは品質管理が行き届いているケースが多いですが、国産品の信頼性の高さには及びません。

・ローヤルゼリーは巣の周囲の環境が大切
ローヤルゼリーはミツバチがつくりだす自然食品であり、安全性は巣の周囲の環境に大きく左右されます。農薬の散布や化学薬品による汚染のある土地では、ローヤルゼリーの安全性は確保されません。ミツバチの行動範囲は広く、その中に化学工場などの施設が存在しないことも重要です。

日本は環境に対する意識が高く、ローヤルゼリーの生産も自然豊かな環境を選んで行われています。また、ホームページで養蜂場の様子を紹介しているメーカーもあり、周囲の環境が確認できるため安心感があります。

・ローヤルゼリーは手作業で採取される
ローヤルゼリーの採取は、すべて手作業で行う必要があります。日本人は安全性と衛生面に関する意識が高く、採取の過程で異物が混入したり衛生面の問題がでたりするケースは少ないと考えられています。

国産ローヤルゼリーは、安全性と信頼性の高さが大きな魅力です。

鮮度が高い

国産ローヤルゼリーは、加工されていない生ローヤルゼリーの形で主に販売されています。
生ローヤルゼリーは生鮮食品であり、鮮度がとても重要です。国産ローヤルゼリーは輸送時間が短くて済むため鮮度が高く、高い効果が期待できます。

・鮮度が落ちると健康効果も下がってしまう
生ローヤルゼリーの効果を十分に得るためには、鮮度がとても重要です。
ローヤルゼリーには高い疲労回復効果がありますが、高温で保存して鮮度が低下すると、疲労回復効果が著しく減退することが確認されています。
ローヤルゼリーの高い効果を得るためには、鮮度がとても重要です。

・国産ローヤルゼリーは鮮度が高い
国産ローヤルゼリーは生産地が近いため、輸送の際に品質が劣化するリスクが低いです。また、採取後の温度管理も厳重に行われており、鮮度が高く保たれています。外国産のローヤルゼリーも冷蔵・冷凍保存の上で輸送されていますが、距離が長くなるほど輸送に時間がかかり、品質が劣化するリスクが高くなります。

国産のローヤルゼリーは鮮度が高く、成分が劣化していないため、高い効果が期待できます。

価格の高さがデメリット

安全性と信頼性、鮮度の高さが魅力の国産ローヤルゼリーですが、その反面値段が高いというデメリットがあります。

国産ローヤルゼリーは生産量が少なくとても貴重です。また、日本で生産すると人件費などのコストが外国産に比べて大幅に高くなります。その影響から、製品価格が比較的高額です。

外国産のローヤルゼリーの価格には幅がありますが、100gあたり3,000円程度の商品が多くみられます。それに対して国産ローヤルゼリーには、100gで2万円を超える商品もあります。

ローヤルゼリーは摂取を長く続けてこそ効果が十分に発揮されます。国産ローヤルゼリーの価格の高さは、摂取を継続する上で問題になる場合があります。
国産ローヤルゼリーを選ぶ際は、無理なく継続できるか価格をよく確認してから購入することが大切です。

まとめ

国産ローヤルゼリーは品質管理が厳重に行われており、安全性と信頼性の高さが魅力です。また、輸送の際に品質が劣化するリスクが低く、高い効果が期待できます。
ただし、生産量がとても少なく、外国産に比べて価格が大幅に高い点には注意が必要です。
品質と安全性を重視する人は、国産ローヤルゼリーの購入を検討してみることをおすすめします。