ローヤルゼリーの賞味期限は?

ローヤルゼリーは健康食品であり、賞味期限が設定されています。特に生ローヤルゼリーは賞味期限が短めです。また、生ローヤルゼリーは鮮度が重要なため、保存方法には注意する必要があります。

生ローヤルゼリーの賞味期限はどれくらい?

賞味期限に最も注意しなければならないのが、生ローヤルゼリーです。生ローヤルゼリーは加工されていない生ものであり、賞味期限が短く設定されています。

・賞味期限は半年程度
販売されている生ローヤルゼリーの賞味期限は、半年程度に設定されています。これは冷蔵保存が前提です。

ただし、生ローヤルゼリーは劣化が早いため、一般的には「冷蔵保存でも3ヶ月程度」で消費すべきとされています。
それ以上保存したい場合は冷凍保存します。冷凍すれば1年程度保存が可能です。

・殺菌作用があるが常温保存すべきでない
ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には殺菌作用があります。そのため、常温で15日程度、冷蔵で1年程度、冷凍で3年程度保存可能とする説もあります。

しかし、デセン酸の殺菌作用は鮮度が落ちると低下してしまいます。また、保存温度が低いほど殺菌作用が強まることが報告されています。そのため、常温保存はおすすめできません。

生ローヤルゼリーは劣化に注意

生ローヤルゼリーは熱に弱く、劣化しやすい性質があります。
品質が劣化したものは食べても問題ありませんが、ローヤルゼリーの効果が弱まっています。
例えば、ローヤルゼリーには高い疲労回復効果がありますが、高温で保存したものは効果が著しく低下することが確認されています。

生ローヤルゼリーの効果を十分に得るためには、鮮度が重要です。温度管理に注意して、賞味期限よりも早めに使い切ることをおすすめします。

乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーの賞味期限は?

ローヤルゼリー製品には、乾燥処理した乾燥ローヤルゼリーや、添加物を加えて成分を調整した調整ローヤルゼリーがあります。

・加工したローヤルゼリーは賞味期限が長い
乾燥ローヤルゼリーは長持ちするため、賞味期限が長めに設定されています。また、調整ローヤルゼリーの多くには、保存料や酸化防止剤が加えられています。
商品によって賞味期限には幅がありますが、これらは生ローヤルゼリーよりも長期間の保存が可能です。サプリメントタイプであれば、数年間保存できるものもあります。

・開封後は速やかに消費
ただし、賞味期限は未開封の状態で保存した場合のものです。賞味期限が長い製品でも、開封後は速やかに消費すべきです。
ローヤルゼリーは毎日継続的に摂取するものであり、定められた目安量を毎日摂取していれば、中身が傷んでしまう心配はありません。

ローヤルゼリーは賞味期限を過ぎたら食べられない?

賞味期限は、食品が適切に保存された場合に品質が十分保持される期間を示したものです。その期間が過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

生ローヤルゼリーの賞味期限は多くの場合冷蔵保存が前提で設定されており、冷凍すれば賞味期限以上の保存も十分可能です。また、殺菌作用があるため、冷蔵保存でも1年程度もつという説もあります。
ただし、生ローヤルゼリーは鮮度が重要であり、長く保存すると品質が劣化します。生ローヤルゼリーは長期保存せず、早めに消費することをおすすめします。

生ローヤルゼリーの鮮度を高く保つには?

生ローヤルゼリーは、鮮度を高く保つことが大切です。

・まとめ買いはしない
業務用などの大きなサイズの製品も販売されていますが、内容量が多いと消費に時間がかかり、品質が劣化しやすくなります。
生ローヤルゼリーを購入する場合は、短期間で消費できる小さめなサイズの製品を購入することをおすすめします。
大きなものを購入する場合は、小分けにして冷凍しておき、使用する分だけ冷蔵庫に入れるようにしましょう。

・金属のスプーンは使用しない
ローヤルゼリーは、金属に触れると劣化が早まるといわれています。そのため、採取する際には樹脂製のスプーンが使用されています。
ローヤルゼリーを摂取する際も、劣化を避けるためにプラスチック製のスプーンなどを使うのがおすすめです。

まとめ

生ローヤルゼリーの賞味期限は、多くの場合半年程度に設定されています。しかし、生ローヤルゼリーは鮮度が重要であり、冷蔵保存でも3ヶ月程度で消費すべきとされています。冷凍保存の場合は、1年程度が保存期間の目安です。
乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーは、より長期間の保存が可能です。
生ローヤルゼリーは熱に弱く、劣化しやすい性質があります。ローヤルゼリーの高い効果を得るために、温度管理には十分注意しましょう。

MENU