ローヤルゼリーとビタミンEの相乗効果

ローヤルゼリーは、高い健康効果と美容効果のある健康食品です。また、ビタミンEも健康と美容に効果的な栄養素として知られています。これらを併用すると高い効果が得られるため、両者を一緒に配合したサプリメントが多数販売されています。

ローヤルゼリーとビタミンEは健康と美容に効果的

ビタミンEは、油に溶けやすい性質をもつ脂溶性ビタミンです。
ビタミンEには血管や肌の老化を抑制する効果があり、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
ビタミンEは、植物油やナッツ類、魚介類などに多く含まれています。

ローヤルゼリーには40種類以上の栄養素が含まれていますが、ビタミンEは含まれていません。
ローヤルゼリーとビタミンEを一緒に摂取することで、より高い健康効果と美容効果が得られます。

・抗酸化作用が強まる
抗酸化作用は、活性酸素を中和する作用のことです。
活性酸素は、ほかの物質を酸化する力が非常に強い酸素のことで、日々の呼吸によって体内で発生します。活性酸素が体内で過剰になると、細胞の老化や生活習慣病の原因になります。

ビタミンEには活性酸素を減少させる強い抗酸化作用があります。また、ローヤルゼリーにも抗酸化作用のあるビオプテリンなどの成分が含まれており、両者を併用すると活性酸素を減少させる効果が強まります。

・血行促進効果が高まる
ビタミンEには毛細血管を広げる働きがあり、身体の血行を促進します。
ローヤルゼリーにも血管を拡張する成分が豊富に含まれています。また、ローヤルゼリーには血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする効果があります。
両者を併用すると血行を促進する効果が高まり、健康と美容にとても効果的です。

ローヤルゼリーとビタミンEの併用で高まる効果

ローヤルゼリーとビタミンEを一緒に摂取すると、さまざまな効果が強まります。その中から代表的なものをご紹介します。

生活習慣病の予防効果

ビタミンEとローヤルゼリーの抗酸化作用は、生活習慣病の予防にとても効果的です。
活性酸素は、血液中の脂質を酸化して粘度の高い過酸化脂質を発生させます。過酸化脂質は血管の内側に付着し、血管の老化である動脈硬化を進行させます。その結果、高血圧・脳梗塞・心筋梗塞などの発症リスクが高まります。

ビタミンEとローヤルゼリーは活性酸素を減らして過酸化脂質の発生を抑制し、生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

冷え性・肩こり・便秘の改善

ローヤルゼリーとビタミンEを併用すると、高い血行促進効果が得られます。
血行が促進されると、身体が温まって冷え性が改善されます。また、筋肉の緊張がほぐれて肩こりも軽減されます。さらに、腸の血行が促進されて腸の活動が活発になるため、便秘の予防・改善にも効果的です。

美肌効果

ローヤルゼリーとビタミンEを一緒に摂取すると、血行が促進されて肌の新陳代謝が活発になります。また、両者の抗酸化作用によって肌の老化が抑制されます。
ローヤルゼリーとビタミンEの併用は、美容にもとても効果的です。

不妊の改善効果

ビタミンEは不妊の改善にも効果的な成分です。ビタミンEにはトコフェロールという別名があり、この別名には「子供を生ませる」という意味があります。
ビタミンEは女性ホルモンのひとつプロゲステロンの材料であり、ホルモンバランスを調整します。
また、ローヤルゼリーにも女性ホルモンのエストロゲンの働きを補助するデセン酸が含まれており、不妊の改善に効果的です。
ビタミンEとローヤルゼリーを併用すれば、高い不妊改善効果が得られます。

ビタミンCと併用するとさらに効果的

ローヤルゼリーやビタミンEと相性の良い成分に、ビタミンCがあります。
ローヤルゼリーに含まれているパントテン酸には、ビタミンCの働きを補助してその効果を高める作用があります。また、ビタミンCはローヤルゼリーに含まれている鉄や亜鉛の吸収率を高めます。さらに、ビタミンCにはビタミンEの抗酸化作用を高める作用があります。

ローヤルゼリーとビタミンEを併用する際には、ビタミンCも一緒に摂取するとより効果的です。そのため、これら3つを一緒に配合したサプリメントが販売されています。

まとめ

ビタミンEには抗酸化作用や血行を促進する効果があります。ローヤルゼリーにも抗酸化作用や血行促進効果のある成分が含まれており、両者を併用すると高い美容効果と健康効果が得られます。また、ビタミンCと併用するとさらに効果は高まります。

サプリメントなどを利用してローヤルゼリーとビタミンE、ビタミンCを一緒に摂取し、健康と美容に役立ててみることをおすすめします。

MENU