メリットが多い酵素分解ローヤルゼリー

ローヤルゼリー製品の中には「酵素分解」と書かれたものがあります。酵素分解ローヤルゼリーとは、一体どういうものなのでしょうか。また、酵素分解ローヤルゼリーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

酵素分解ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーにはタンパク質が多く含まれています。タンパク質は多数のアミノ酸が鎖状に連結した物質であり、そのままの状態では身体に吸収されません。タンパク質は胃液や腸液に含まれる酵素の働きによって細かく分解され、腸から吸収されます。

酵素分解ローヤルゼリーは、タンパク質が酵素によってあらかじめ分解されているローヤルゼリーです。タンパク質が、より小さい「ペプチド」やアミノ酸の形に変換されてサプリメントに配合されています。

酵素分解ローヤルゼリーのメリット

酵素分解ローヤルゼリーには、通常のローヤルゼリーにはないメリットがあります。

吸収率が高い

アミノ酸が2個以上連結したものをペプチドといいます。口から摂取したタンパク質は、消化液によってペプチドやアミノ酸に分解された後、体内に吸収されます。

酵素分解ローヤルゼリーには、タンパク質があらかじめ分解された状態で配合されています。消化の手間がかからないため、ローヤルゼリーのタンパク質を効率的に吸収することができます。

アレルギーのリスクが低い

酵素分解ローヤルゼリーには、アレルギーのリスクが低いというメリットもあります。
アレルギーは、特定の物質に身体の免疫機能が過剰反応することによって起こり、その原因の多くはタンパク質です。ローヤルゼリーにもタンパク質が含まれており、稀にローヤルゼリーが原因でアレルギーが起こる場合があります。

・タンパク質が酵素分解されるとアレルギーのリスクが下がる
身体の免疫機能は特定の物質を記憶しており、その物質が体内に侵入すると攻撃を加えます。しかし、タンパク質が酵素分解されると性質が元の物質から変化するため、免疫機能が反応しにくくなります。

例えば、アレルギー用ミルクはミルクアレルギーのある子供のために開発されたミルクで、ミルクのタンパク質を低分子化することでアレルギーの発生を抑えています。
また、小麦の酵素分解処理でもアレルギーのリスクが抑えられることが確認されています。

・酵素分解ローヤルゼリーの低アレルギー性が研究でも確認されている

近畿大学農学部などの研究グループは、ローヤルゼリーの主要なアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)であるタンパク質を特定し、そのタンパク質が酵素分解ローヤルゼリーではより小さな分子に分解されていることを確認しています。
また、ローヤルゼリーアレルギーの患者の免疫細胞に酵素分解ローヤルゼリーを投与したところ、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの分泌量が、通常のローヤルゼリーを投与したときよりも大幅に少なかったことが報告されています。

ペプチドが特別な効果を発揮する

ペプチドはタンパク質が小さく分解されたものです。ペプチドには多くの種類があり、タンパク質やアミノ酸とは異なる生理作用をもつペプチドが確認されています。それらは生理活性ペプチドと呼ばれます。
酵素分解ローヤルゼリーには複数の生理活性ペプチドが含まれており、特別な効果を得ることができます。

・高血圧に効果的なペプチドが含まれている
酵素分解ローヤルゼリーには、生理活性ペプチドのひとつイソロイシルチロシンが含まれています。イソロイシルチロシンには血圧を上昇させる酵素の働きを阻害する作用があり、高くなりすぎた血圧を抑制します。この効果は国の機関にも認められており、「血圧が高めの方に適する」という内容で特定保健用食品の表示が許可された製品があります。

・抗酸化作用のあるペプチドも確認されている
酵素分解ローヤルゼリーには、抗酸化作用をもつペプチドが含まれていることも確認されています。
抗酸化作用とは、活性酸素を中和する作用のことです。活性酸素は日々の呼吸によって体内で発生し、体内で過剰になると生活習慣病や老化などの原因になります。
酵素分解ローヤルゼリーには活性酸素を減少させるペプチドが含まれており、動脈硬化や心臓病、身体の老化などを抑制する高い効果が期待されています。

まとめ

酵素分解ローヤルゼリーは、タンパク質が酵素によってペプチドやアミノ酸などの小さい分子にあらかじめ分解されているものです。タンパク質の身体への吸収率が高まっているほか、アレルギーのリスクも低下しています。また、酵素分解ローヤルゼリーに含まれるペプチドには、特別な効果があることも確認されています。
メリットの多い酵素分解ローヤルゼリーを、身体の健康と美容に役立ててみてはいかがでしょうか。