ローヤルゼリーはいつ摂取すると効果的?

ローヤルゼリーは医薬品ではなく健康食品です。医薬品の場合は用法・用量が製品に記載されていますが、ローヤルゼリーにはそうした記載はありません。そのため、ローヤルゼリーは基本的にはいつ飲んでも良いです。

基本的にいつ飲んでも構わない

ローヤルゼリーは健康食品であり、用法・用量が定められている医薬品ではありません。そのため、基本的にいつ飲んでも構いません。

ローヤルゼリーの健康効果や美容効果は数回の摂取で実感できるものではなく、長期間継続的に摂取してこそ効果が十分に発揮されます。一日のどのタイミングで飲むかよりも、摂取を忘れずに継続することのほうが大切です。
また、毎日決まった時間に飲む必要もありません。そのため、飲み忘れたとしても気がついたときに飲んで構いません。

ローヤルゼリーを飲むおすすめのタイミング

いつ飲んでもよいといわれても、飲むタイミングに迷う人も多いでしょう。そうした人のために、おすすめの飲むタイミングをご紹介します。

食後

空腹時にサプリメントを飲むと胃もたれや胸焼けを感じる人がいます。そうした胃腸が弱めの人の場合は、食後に摂取すると胃にやさしくおすすめです。
また、食後は薬を飲むのと同じタイミングであり、摂取を忘れにくいというメリットがあります。

運動前や運動後

運動前や運動後の摂取もおすすめです。
ローヤルゼリーにはアミノ酸が豊富に、しかもバランス良く含まれています。ローヤルゼリーには運動中の筋肉の分解を防ぐ働きのある必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンが含まれており、筋肉の維持・増加にとても効果的です。イソロイシンには、脳の疲労感を軽減する作用もあります。

アミノ酸は消化に少し時間がかかるので、トレーニングを始める30分ほど前に摂取すると理想的です。
また、運動後にローヤルゼリーを飲めば、筋肉の修復や疲労回復に役立ちます。

就寝前

就寝前に摂取すると、健康と美容にとても効果的です。

・ローヤルゼリーには安眠効果がある
ローヤルゼリーには、安眠効果のあるグリシン・セリン・ビタミンB12が含まれており、質の良い睡眠を促す効果があります。
グリシンやセリンを就寝前に摂取させたところ、寝つき・睡眠の途中で起きる回数・睡眠の満足度といった睡眠の質が大幅に改善し、翌日の作業効率が上昇したとの実験報告があります。
また、ビタミンB12の摂取によって不眠症状が改善したとの研究報告もあります。

ローヤルゼリーを就寝前に摂取すれば、こうした成分の働きによって睡眠の質が高まります。

・美肌に効果的
肌の新陳代謝は寝ている間に活発になります。ローヤルゼリーには美しい肌の形成に役立つコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進する効果があり、夜間の肌の形成を補助します。
また、肌の新陳代謝を活発にする成長ホルモンは、主に寝ている間に分泌されます。ローヤルゼリーには成長ホルモンの分泌量を増加させるアルギニンが含まれており、夜間のホルモン分泌を促進します。
ローヤルゼリーの就寝前の摂取は、美肌に効果的です。

数回に分けて飲む

ローヤルゼリーは、一日に複数回摂取するとより効果的です。
ローヤルゼリーには、水に溶けやすい性質をもつビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は身体に貯めておくことができず、余剰分が体外に排出されてしまうため、こまめに摂取するのが理想的です。
一日に複数回摂取すると、ローヤルゼリーの成分を効率的に利用できます。

摂取すべきでないタイミングは?

ローヤルゼリーは、お茶やコーヒーと一緒に摂取すべきではありません。これらを飲む前後の30分間は、ローヤルゼリーの摂取をなるべく控えましょう。

お茶やコーヒーには、ポリフェノールの一種であるカテキンとタンニンが含まれています。これらの成分には鉄分の吸収を阻害する作用があるため、お茶やコーヒーとローヤルゼリーを一緒に摂取するとローヤルゼリーの鉄分が有効利用されにくくなります。

朝にコーヒーや緑茶などを飲む習慣のある人は、そのタイミングを避けて、昼食後や夕食後、空腹時などに飲むとよいでしょう。

ローヤルゼリーは続けることが大切

ローヤルゼリーの飲み方をいくつかご紹介しましたが、最も重要なのは摂取を継続することです。
ローヤルゼリーには多くの健康効果や美容効果がありますが、そうした効果は身体の調子を整えながらゆっくりと作用します。ローヤルゼリーには基本的に即効性はなく、十分な効果を得るためには長期間継続して摂取することが大切です。

ローヤルゼリーの高い健康効果や美容効果を得るために、自分の生活サイクルにあった飲み方を探してみることをおすすめします。

MENU