DHA・EPAをローヤルゼリーと一緒に摂取

ローヤルゼリーは単独でも高い効果を発揮しますが、別の健康成分と組み合わせた製品も数多く販売されています。DHA・EPAはそうした健康成分のひとつです。
ローヤルゼリーとDHA・EPAを組み合わせると、血行の促進や生活習慣病の予防に、さらなる効果を発揮します。

DHA・EPAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸です。
DHA・EPAには血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする効果があり、高血圧などの生活習慣病を予防します。また、脳の機能や視力を向上させる効果も確認されています。

グリーンランドに住むイヌイットは、野菜をほとんど食べない食生活にも関わらず、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の発症率が少ないことが報告されています。そこからイヌイットの主食である魚やアザラシに含まれている成分が注目され、DHA・EPAの健康効果が明らかになりました。

DHA・EPAとローヤルゼリーの併用で高まる効果

ローヤルゼリーは、数多くの効果がある健康食品です。ローヤルゼリーとDHA・EPAには共通する効果があり、一緒に摂取するとそうした効果がさらに高まります。

血行促進

・DHA・EPAは血液をサラサラにする
DHAには血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする作用があり、血液の流れをスムーズにします。また、EPAには血液が固まるのを抑制して血栓を防ぐ作用があります。
さらに、DHA・EPAには悪玉コレステロールを減少させて善玉コレステロールを増やす作用があり、血液をサラサラにします。

・ローヤルゼリーは血行を促進する
ローヤルゼリーには、アルギニン・グリシン・ナイアシンなどの血管を拡張する成分が豊富に含まれています。また、脂質の代謝を促進する効果や脂質の体内への吸収を抑制する効果があり、血液中の脂質を減少させます。

・血行を促進して健康と美容に役立つ
DHA・EPAとローヤルゼリーにはともに高い血行促進効果があり、併用するとその効果がより一層高まります。
血行が促進されると冷え性・便秘・肩こりなどの血行不良が原因で起こる症状が改善されます。また、血行が促進されると新陳代謝が活発になり、肌や髪が健康に保たれます。

生活習慣病の予防

・DHA・EPAは生活習慣病の予防に効果的
DHA・EPAは、イヌイットの生活習慣病の発症率の低さから注目された成分です。
DHA・EPAには血液中の脂質を減少させる高い効果があり、高血圧・脂質異常症・動脈硬化といった生活習慣病の予防・改善にとても効果的です。

・ローヤルゼリーにも高い生活習慣病の予防効果がある
ローヤルゼリーにも血液中の脂質を減少させる高い効果があります。また、血流をスムーズにする成分が含まれており、高血圧の予防・改善にも効果的です。さらに、高い糖尿病の予防効果があることも確認されています。

DHA・EPAとローヤルゼリーを一緒に摂取すると、両者のもつ生活習慣病の予防効果が同時に発揮され、より高い効果が得られます。

ストレス軽減

・DHA・EPAは精神の安定に役立つ
DHA・EPAは、心の健康にも効果的なことが研究で確認されています。
DHA・EPAを摂取させたところ、精神不安や他者に対する攻撃性が低下したとする研究報告があります。また、うつ病患者に摂取させたところ、症状が緩和されたことが報告されています。

・ローヤルゼリーには高いストレス軽減効果がある
ローヤルゼリーには、ストレスの軽減に役立つ脳内物質の生成を補助する効果があります。また、ストレス対処に必要な副腎皮質ホルモンの分泌を促進する成分も含まれています。

DHA・EPAとローヤルゼリーを一緒に摂取すると、高いストレス軽減効果が得られます。両者の併用は、心の健康維持にも効果的です。

認知症の予防

DHA・EPAとローヤルゼリーを併用すると、高い認知症の予防効果が期待できます。

認知症患者にDHA・EPAを摂取させたところ、計算力や判断力が高まったとする研究報告があります。
また、ローヤルゼリーに神経の情報伝達機能を高めてアルツハイマー型認知症を予防する効果があることが、東北大学の研究によって明らかになっています。

さらに、ローヤルゼリーとDHA・EPAには血管の健康を維持する高い効果があり、脳の血管障害が原因で起こる脳血管性認知症の予防にもとても効果的です。

まとめ

DHA・EPAとローヤルゼリーを一緒に摂取すると、血行促進・生活習慣病の予防・ストレス軽減・認知症の予防などの高い効果が得られます。
両者が一緒に配合されたサプリメントを利用して、心身の身体の健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

MENU