ローヤルゼリーとコラーゲンの相乗効果

コラーゲンは美肌に効果的な成分として知られています。ローヤルゼリーにはコラーゲンの合成を促進する効果があり、コラーゲンと一緒に摂取すると美肌効果がより一層高まります。また、美肌効果以外の健康効果も期待できます。

美しい肌の形成にはコラーゲンが重要

・コラーゲンは肌に弾力を与える
コラーゲンはタンパク質の一種で、身体を構成するタンパク質の約30%を占めています。コラーゲンは皮膚・骨・軟骨・内臓などに含まれ、細胞を結びつける働きがあります。その働きにより、コラーゲンは肌にハリと弾力を与えます。

・コラーゲンには高い美肌効果がある
コラーゲンを摂取すると、アミノ酸やアミノ酸が複数結合したペプチドの状態に分解され、体内に吸収されます。
コラーゲンペプチドには、コラーゲンやヒアルロン酸を合成する線維芽細胞の働きを活性化する作用があることが、研究で確認されています。ヒアルロン酸は肌に潤いを与える成分です。
また、コラーゲンの摂取で得られるアミノ酸は、タンパク質の材料となって体内で再合成されます。このとき必ずコラーゲンに再合成されるわけではありませんが、体内のアミノ酸量が増えることで、コラーゲンに再合成される可能性は高まります。

ローヤルゼリーはコラーゲンの合成を促進する

ローヤルゼリーには体内でのコラーゲンの合成を促進する効果があり、コラーゲンの美肌効果をより一層高めます。

コラーゲンの合成に役立つローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーには、コラーゲンの合成を促進する成分が豊富に含まれています。

・プロリン
プロリンは非必須アミノ酸の一種で、コラーゲンの主要な構成成分です。
プロリンには、コラーゲンの合成を促進する作用や皮膚の細胞を増殖させる作用があります。

・デセン酸
デセン酸はローヤルゼリー特有の成分である脂肪酸です。デセン酸には女性ホルモンのエストロゲンの作用を補助する効果があります。エストロゲンにはコラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進する作用があり、デセン酸はその効果を高めます。

・パントテン酸
パントテン酸はビタミンB群に分類される成分です。
コラーゲンの生成にはビタミンCが必要です。パントテン酸にはビタミンCの働きを助ける作用があり、コラーゲンの生成を促進します。

・鉄
コラーゲンを合成する際には、鉄が必要です。ローヤルゼリーには鉄が含まれており、コラーゲンの合成を補助します。

血糖値や肥満を抑制してコラーゲンを増やす

ローヤルゼリーには、血糖値を抑制する効果や、脂質の代謝を促進して肥満を抑制する高い効果があります。

血糖値が高い状態では、コラーゲン中のアミノ酸が糖化されてしまい、異常なタンパク質に変化してしまいます。
また、身体の脂肪が増えると、脂肪組織から分泌される善玉ホルモンが減少して、コラーゲンとヒアルロン酸の合成が阻害されます。

ローヤルゼリーは血糖値や肥満を抑制して、美肌に重要なコラーゲンとヒアルロン酸を増加させます。

ローヤルゼリーとコラーゲンの併用で高まる効果

ローヤルゼリーとコラーゲンを併用すると、美肌効果以外の効果も得られます。

薄毛予防

コラーゲンには髪を保護する働きがあり、コラーゲンの合成が促進されると髪が丈夫になります。
また、ローヤルゼリーには髪の成長を促進する女性ホルモンの働きを補助する効果があり、丈夫な髪の形成に役立ちます。

骨が丈夫になる

コラーゲンは、骨の形成にも重要です。骨は繊維状のコラーゲンが絡み合っている隙間をカルシウムなどが埋める形で形成されます。
コラーゲンとローヤルゼリーを併用するとコラーゲンが増加し、丈夫な骨の形成が促進されます。

爪が健康になる

コラーゲンを摂取すると、爪の水分量が増加して爪が健康になることが、複数の研究で確認されています。
ローヤルゼリーは体内でのコラーゲンの合成を促進して、爪を健康にするコラーゲンの効果を補助します。

まとめ

美しい肌の形成には、コラーゲンの働きが重要です。コラーゲンとローヤルゼリーを一緒に摂取すると、コラーゲンの合成が促進されて高い美肌効果が得られます。また、相乗効果によって薄毛の予防効果や骨を丈夫にする効果なども強まります。
コラーゲンとローヤルゼリーを一緒に摂取して、美容と健康に役立ててみることをおすすめします。

MENU