ローヤルゼリーと花粉症との関係性

身体の調子を整える高い効果があるローヤルゼリーは、花粉症に対してとても効果的です。ローヤルゼリーの摂取によって花粉症が改善したという声がよく聞かれます。
その一方で、ローヤルゼリーが原因でアレルギーが起こる場合があり、アレルギー体質の人は摂取の際に特に注意が必要です。

花粉症の予防・改善に役立つローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーには、自律神経を整える効果やストレスを軽減する効果などの多くの健康効果があり、花粉症の予防・改善に役立ちます。
花粉症はアレルギー症状の一種で、特定の花粉に対して免疫機能が過剰反応することで発症します。免疫機能は自律神経によって調整されており、睡眠不足やストレスなどで自律神経が乱れると、免疫機能の異常による花粉症が起こりやすくなります。

自律神経を整える

自律神経は、血液の流れや内臓の機能、免疫機能などを24時間無意識のうちに調整している神経です。自律神経が乱れると免疫機能の異常が起こりやすくなり、アレルギーが発生しやすくなったり症状が悪化したりします。

ローヤルゼリーには、神経の正常な機能を補助するビタミンやミネラルが豊富に含まれています。また、ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には、ホルモンバランスを整えて自律神経の乱れを抑制する作用があります。
ローヤルゼリーには免疫機能を司る自律神経を整える効果があり、花粉症の予防や症状緩和に役立ちます。

粘膜を健康に保つ

ローヤルゼリーには、粘膜の生成に必要なアミノ酸が豊富に含まれています。また、粘膜を健康に保つビタミンB群も豊富です。さらに、新陳代謝を活発にする類パロチンや亜鉛といった成分も含まれています。
ローヤルゼリーには粘膜を健康に保つ効果があり、花粉症による粘膜の炎症を抑制して症状を緩和します。

ストレスを軽減する

ストレスは自律神経の乱れの原因になります。ストレスを受けた状態では免疫機能の異常が起こりやすくなり、花粉症の症状が悪化します。
ローヤルゼリーには、ストレスを緩和するホルモンやストレスに対抗するためのホルモンの分泌を促進する効果があり、ストレスを軽減します。ローヤルゼリーはストレスを軽減して免疫機能を正常に保ち、花粉症を緩和します。

睡眠の質を高める

十分な睡眠は、花粉症の症状緩和にとても重要です。睡眠不足の状態では自律神経が乱れやすくなり、花粉症も悪化しやすくなります。
ローヤルゼリーには、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの生成を促進する効果があります。また、安眠効果のあるグリシン・セリン・ビタミンB12が含まれています。
ローヤルゼリーは、睡眠不足による花粉症の悪化を防ぎます。

ローヤルゼリーがアレルギーの原因になる場合がある

以上のように、ローヤルゼリーには花粉症の症状を緩和する効果があります。
しかし、ローヤルゼリーが原因でアレルギーが起こる場合があり、アレルギー体質の人は注意が必要です。特に喘息やアトピー性皮膚炎の患者は、ローヤルゼリーの摂取を控えるべきとされています。

摂取する前に医師に相談

アレルギー体質の人はローヤルゼリーアレルギーが起こりやすいため、摂取する前に医師に相談して、問題がないことを確認してから摂取するようにしましょう。
摂取する際も、最初は身体の反応を確かめながら少量ずつ摂取するようにしてください。

体調不良が起こったら摂取を中断して医師の診察を受ける

ローヤルゼリーの摂取によって呼吸器や内臓の不調、皮膚のかゆみなどの何らかの異常が起こった場合は、すぐに摂取を中断して医師の診察を受けてください。摂取を続けると、重いアレルギー症状が起こる場合があります。

酵素分解ローヤルゼリーはアレルギーのリスクを低下させる

アレルギーは、特定のタンパク質に免疫機能が反応することで起こります。
ローヤルゼリー製品の中には、あらかじめタンパク質を酵素分解して配合した製品もあります。そうした酵素分解ローヤルゼリーはアレルギーが起こりにくいことが研究で確認されています。
ただし、アレルギーのリスクがゼロになるわけではないので、摂取の際は注意しましょう。

まとめ

ローヤルゼリーには、花粉症の症状緩和に役立つ多くの効果があります。その一方でローヤルゼリー自体が原因でアレルギー症状が起こる場合があります。
花粉症の症状があるアレルギー体質の人は、ローヤルゼリーを摂取する前に医師に相談するようにしてください。

MENU