希少な北海道産ローヤルゼリー

生産量は少ないですが、北海道でもローヤルゼリーが生産されています。
北海道産のローヤルゼリーは豊かな自然を利用して生産された、鮮度の高い高品質なローヤルゼリーです。品質と安全性の高い国産ローヤルゼリーを購入したい場合、北海道産ローヤルゼリーは有力な選択肢のひとつです。

北海道産ローヤルゼリーはとても貴重

北海道産のローヤルゼリーは、生産量が少なくとても貴重です。

・国産のローヤルゼリー自体が少ない
日本で流通しているローヤルゼリーの99%は外国産です。ローヤルゼリーの輸入量が年間約400トンなのに対して、日本国内のローヤルゼリー生産量は約3トンです。日本のローヤルゼリー消費量に占める国産品の割合は、わずか0.7%程度です。

・北海道のローヤルゼリー生産は減少傾向にある
自然豊かな北海道では養蜂が盛んで、ローヤルゼリーの生産も行われています。しかし、北海道のローヤルゼリー生産量は減少傾向にあります。
北海道農政部の資料によれば、2005年に322kg、2010年に341kgあったローヤルゼリー生産量が、2015年には45kgにまで減少しています。
北海道産のローヤルゼリーは、生産量が少なくとても貴重です。

生産量の減少には、主にローヤルゼリーを生産する養蜂家が減っていることが影響しています。
気候の変動なども関係していますが、北海道のハチミツの生産量はローヤルゼリーほど減少しておらず、ミツバチの飼育者やミツバチの数も減ってはいません。

北海道の養蜂事情

北海道は冬の寒さがとても厳しいため、主に夏の間にローヤルゼリーの採取が行われています。
冬の間は、越冬のためにミツバチを移動させる「転飼(てんし)」を行うのが一般的です。
例えば、7月から9月に北海道でローヤルゼリーやハチミツを採取し、10月以降に全国のいちご産地に越冬と受粉のために移動するケースや、メロン・スイカ用に南九州に移すケースなどがあります。北海道の厳しい冬を避けたミツバチは、春や夏に再び北海道に移され、ローヤルゼリーやハチミツの採取に利用されます。

北海道は冬の寒さが厳しく、暖かくなるまでローヤルゼリーを生産できません。北海道の厳しい気候も、北海道のローヤルゼリー生産量の少なさに影響しています。

北海道産ローヤルゼリーの特徴

北海道のローヤルゼリーは豊かな自然を利用して生産されます。また、鮮度を保つ工夫が行われている製品が多いことから、高品質なことで知られています。

安全性が高い

セイヨウミツバチの行動範囲は半径約4kmあり、養蜂には広い土地が不可欠です。また、安全性の高いローヤルゼリーの生産には、養蜂場の周囲の土地に農薬が使用されていないことや、化学工場がないことがとても重要です。

北海道には豊かな自然が広がっており、養蜂に適した土地が豊富にあります。また、北海道は大気汚染もほとんどなく、化学物質が混入するリスクが極めて少ない環境です。
北海道産ローヤルゼリーは安全性が高く、安心して摂取することができます。

鮮度を保つ工夫が行われている

北海道のローヤルゼリー生産者の中には、働き蜂がローヤルゼリーを貯め始めてから48時間以内に採取しているところもあります。
日本の業界団体の基準では72時間以内の採取が義務付けられていますが、48時間はそれよりも大幅に厳しい基準です。

ローヤルゼリーは鮮度がとても重要です。例えば、ローヤルゼリーには高い疲労回復効果がありますが、鮮度が悪化するとその効果が著しく減少することが確認されています。
鮮度の高い北海道産ローヤルゼリーには、高い効果が期待できます。

北海道産ローヤルゼリーの製品タイプと購入方法

・生ローヤルゼリーが中心
北海道産ローヤルゼリーは、主に生ローヤルゼリーとして販売されています。生ローヤルゼリーは、採取したローヤルゼリーから不純物を取り除いただけの未加工のものです。
ローヤルゼリーはサプリメントやドリンクなどの幅広い製品に利用されていますが、そうした加工品には安価な外国産ローヤルゼリーが主に使用されています。

・通販で購入可能
北海道産ローヤルゼリーは、主に養蜂場が開設している通販サイトで購入可能です。生産量が少ないため、大手通販サイトにはほとんど出品されていません。
北海道産ローヤルゼリーを購入したい場合は、生産者である養蜂場の通販サイトを探してみましょう。

まとめ

北海道産ローヤルゼリーは国産品の中でも特に生産量が少なく、貴重なローヤルゼリーです。北海道には豊かな自然があり、鮮度を高く保つ工夫を行っている生産者が多いことから、高品質で安全性の高いローヤルゼリーが生産されています。
品質の高いローヤルゼリーを利用したい人は、北海道産ローヤルゼリーを試してみることをおすすめします。