ローヤルゼリーに含まれるデセン酸の効果

ローヤルゼリーには40種類以上の成分が含まれており、高い効果があることで人気を集めています。中でも特有成分であるデセン酸には、多くの健康効果や美容効果があります。
ローヤルゼリーの主要な有効成分であるデセン酸の効果をご紹介します。

デセン酸とは

デセン酸は脂肪酸の一種で、正式名称は「10-ハイドロキシ-δ2-デセン酸」といいます。
デセン酸はローヤルゼリー特有の成分であり、ほかの健康食品から摂取することはできません。

デセン酸には多くの健康効果や美容効果があり、ローヤルゼリーの効果の中心となる成分です。デセン酸を多く含むローヤルゼリーは高品質とされ、デセン酸の含有量によって価格も変化します。
また、デセン酸には熱に強い性質があり、加工されたローヤルゼリー製品でも問題なく効果を得ることができます。

デセン酸の効果

コレステロール値の抑制

デセン酸には、血液中のコレステロールを減少させる作用があります。コレステロールが増加すると血液がドロドロになって高血圧を招くほか、血管の老化である動脈硬化の進行が早まります。
デセン酸は血液中のコレステロールを減少させることで、高血圧・心臓病・脳血管障害・肝疾患・腎疾患などの発症リスクを低下させます。

糖尿病の予防

インスリンは血糖値を抑制する作用のあるホルモンであり、インスリンの分泌量や効き目が低下すると糖尿病の原因になります。
デセン酸にはインスリンと似た生理作用があり、血糖値を抑制して糖尿病の予防・改善に役立ちます。

免疫力の向上

デセン酸は、免疫細胞のひとつT細胞に作用して免疫機能を調整します。また、腫瘍細胞や病原菌を攻撃するナチュラルキラー細胞の働きを活性化する作用があります。こうした作用により、デセン酸は身体の免疫力を高めます。

抗菌作用

デセン酸には抗菌作用があることが確認されています。デセン酸の抗菌作用は新鮮なものほど高く、また保存温度が低いほど効果が高まることが報告されています。

抗腫瘍作用

デセン酸には腫瘍細胞の増殖を抑制する作用があることが確認されており、医療分野での活用が期待されています。特に増殖速度が遅い腫瘍に対して効果的であることが、研究で報告されています。

更年期障害の症状改善

デセン酸には、女性ホルモンのエストロゲンに似た生理作用があります。
閉経前後の女性に起こる更年期障害は、エストロゲンの分泌量が急減することで発症します。デセン酸はエストロゲンの働きを補助することで、更年期障害の症状改善に役立ちます。

骨粗しょう症の予防

女性ホルモンのエストロゲンには、骨を丈夫にする作用があります。そのため、エストロゲンの分泌量が減少する更年期以降には、骨がもろくなる骨粗しょう症が起こりやすくなります。
デセン酸はエストロゲンの作用を補助して骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防します。

美容効果

エストロゲンには、肌の潤いや弾力を保つ作用や、髪の成長を促進する作用があります。
デセン酸はそうしたエストロゲンの働きを補助するため、美容にもとても効果的です。

デセン酸の味

ローヤルゼリーには独特の風味がありますが、その風味を生み出しているのは主にデセン酸です。
デセン酸には、その名の通り強い酸味があり、発酵食品を思わせる独特の匂いもあります。残念ながら、デセン酸はあまり美味しいとはいえない味をしています。

デセン酸の風味が苦手な場合は、飲みやすい乾燥ローヤルゼリーやサプリメントがおすすめです。

デセン酸の基準値が定められている

デセン酸の含有量は、ローヤルゼリーの品質を大きく左右します。そのため、ローヤルゼリーの業界団体である「全国ローヤルゼリー公正取引協議会」の規約には、製品に含まれるデセン酸の基準値が定められています。

この規約では、生のローヤルゼリーの場合は1.40%以上、乾燥ローヤルゼリーは3.50%以上、成分を調整した調整ローヤルゼリーは0.18%以上のデセン酸を含むことが義務付けられています。

ほかの特定の成分に関する基準は設けられておらず、制限があるのはデセン酸だけです。このことからも、デセン酸がローヤルゼリーにとって極めて重要な成分であることがわかります。

まとめ

デセン酸は脂肪酸のひとつで、数多くの健康効果や美容効果があります。
デセン酸はローヤルゼリーの効果の中心となる成分であり、ローヤルゼリー製品にはデセン酸の含有量の基準値が設定されています。
高品質なローヤルゼリーを購入したい場合は、デセン酸をなるべく多く含む製品を選ぶことをおすすめします。