チュアブルタイプのローヤルゼリー

ローヤルゼリーにはさまざまな製品タイプがあり、そのうちのひとつにチュアブルタイプがあります。チュアブルタイプのローヤルゼリーは摂取の際に水が必要なく、どこでも気軽に摂取できます。また、錠剤や粉末を飲むのが苦手な人でも問題なく摂取できます。

チュアブルタイプとは

・チュアブルタイプは噛んで摂取する
チュアブルは英語の「chewable」のことで、「噛むことができる」という意味です。チュアブルタイプの錠剤は「咀嚼錠」とも呼ばれます。

チュアブルタイプは水なしでどこでも気軽に摂取でき、錠剤や粉末を飲むのが苦手な人にも適しています。そのため、チュアブルタイプの医薬品やサプリメントが多数販売されています。

・チュアブルタイプのローヤルゼリーが販売されている
数は少ないですが、健康成分としてローヤルゼリーだけを配合したチュアブルタイプの製品が販売されています。また、ほかの成分と一緒にローヤルゼリーが配合されているチュアブルタイプのサプリメントもあります。

ローヤルゼリーのチュアブルタイプの摂取方法

チュアブルタイプの製品は、口の中で噛んでから飲み込むのが基本です。
ただし、チュアブルタイプのローヤルゼリーの中には、飴のように口の中で溶かしながら摂取するタイプの製品もあります。そうした製品を噛み砕いても問題ありませんが、念のため商品に記載されている使用方法を確認してから摂取しましょう。

チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリット

チュアブルタイプのローヤルゼリーには、ほかの形状にはないメリットがあります。

錠剤や粉末が苦手な人でも飲みやすい

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、口の中で細かく噛み砕いて食べるか、口の中で溶かしながら摂取します。そのため、錠剤や粉末を飲むのが苦手な人でも問題なく摂取できます。

錠剤などが苦手な場合は、クリーム状の生ローヤルゼリーを摂取する方法もあります。しかし、生ローヤルゼリーは冷蔵保存や冷凍保存が必要で、外出先などで気軽に摂取することはできません。

水がなくても摂取できる

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、摂取の際に水が必要ありません。また、常温で保存できて持ち運びも簡単です。そのため、外出先・勤務先・旅行先など、どこでも気軽に摂取することができます。

ローヤルゼリーは、長く摂取を続けることで効果が十分に発揮されます。そのため、利便性が高く摂取を継続しやすいのは大きなメリットです。

チュアブルタイプのローヤルゼリーの注意点

メリットの多いチュアブルタイプのローヤルゼリーですが、摂取や購入の際に注意すべき点もあります。

そのまま飲み込まないよう注意する

チュアブルタイプの製品は、噛み砕くことが前提の構造になっています。そのため、噛み砕かずに飲み込んでしまうと、吸収が遅れてしまったり効果が十分に発揮されなかったりする恐れがあります。
チュアブルタイプの製品は、しっかりと噛むか溶かしてから飲み込みましょう。

製品の種類が少なめ

チュアブルタイプのローヤルゼリーは、今のところ商品の種類が少なく、流通量もわずかです。そのため、錠剤やカプセルなどと異なり、選択肢の幅が限られています。
また、店頭などには基本的に置かれておらず、購入方法も通販が中心です。

ローヤルゼリーの風味が強い製品もある

現在販売されているチュアブルタイプのローヤルゼリーの中には、ローヤルゼリーの独特の風味が強い製品があります。

ローヤルゼリーは口に含むとピリピリとした刺激があり、発酵食品を思わせる強い酸味と匂いもあります。そうした風味を添加物で緩和している製品も多いですが、チュアブルタイプの中には味を調整していないものもあります。

折角購入しても風味が苦手で摂取を継続できなければ、効果を得られず無駄になってしまいます。チュアブルタイプのローヤルゼリーを購入する前には、味についても事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

噛み砕いて摂取できるチュアブルタイプのローヤルゼリーが販売されています。
チュアブルタイプは水なしで飲めるため、場所を選ばず気軽に摂取できます。また、錠剤や粉末を飲むのが苦手な人にも適しています。
ただし、チュアブルタイプのローヤルゼリーは商品の種類が少なく、ローヤルゼリーの独特な味が強い製品もあるため、製品選びには注意が必要です。
チュアブルタイプのローヤルゼリーのメリットとデメリットを把握して、自分にあった製品選びの参考にしてみてください。

MENU