安眠効果があるローヤルゼリー

多くの健康効果があることで人気のローヤルゼリーには、高い安眠効果もあります。
現代社会は睡眠を妨げるストレスが多く、日本人の約2割に不眠症状があるという調査報告もあります。慢性的な睡眠不足は心身に重大な悪影響を及ぼすため、十分な睡眠をとることは健康維持にとても重要です。
睡眠に関する悩みのある人には、ローヤルゼリーがおすすめです。

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの生成を促進する

ローヤルゼリーには、睡眠に重要なメラトニンの生成を補助する成分が豊富に含まれています。

・睡眠にはメラトニンが重要
メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、脳や神経で機能する神経伝達物質です。メラトニンには体内時計を調整して睡眠と覚醒を切り替える働きがあり、自然な睡眠を促します。
メラトニンは子供の時期に最も多く分泌され、その後徐々に減少します。歳をとると睡眠時間が減って眠りが浅くなるのは、メラトニンの分泌量が減少するためです。

・ローヤルゼリーはメラトニンの生成を促進する
メラトニンは、神経伝達物質のセロトニンを材料として体内で生成されます。
ローヤルゼリーには、セロトニンやメラトニンの材料になるアミノ酸のトリプトファンが含まれています。また、メラトニンの生成に必要なビタミンB6・葉酸・ナイアシン・鉄・マグネシウムといった成分も豊富に含まれています。
ローヤルゼリーはこれらの成分を身体に補い、メラトニンの生成を促進します。

ローヤルゼリーには睡眠に重要なホルモンの分泌量を増やす効果があり、質の良い睡眠を促します。

質の良い睡眠を促すローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーには、睡眠の質の向上に役立つ健康効果があります。

ストレス軽減

不眠症状の最も多い原因はストレスです。ストレスは、身体の機能を調整する自律神経のバランスを乱して睡眠を阻害します。睡眠の質を高めるには、ストレスをなるべく軽減して心身をリラックスさせることが重要です。

ローヤルゼリーには、ストレス軽減に役立つ神経伝達物質やストレスに対抗するためのホルモンの分泌を促進する効果があります。
ローヤルゼリーにはストレスを軽減する高い効果があり、ストレスによる睡眠の質の低下を抑制します。

血行促進

睡眠にとって身体の血行はとても重要です。人間の身体は、眠りにつく際に手足の血行を促進して体内の熱を放出しようとします。血行が悪化しているとこうした就寝時の体温コントロールがうまくいかず、寝つきが悪くなって睡眠の質が低下します。

ローヤルゼリーには、血管を拡張する成分や、血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする成分が含まれています。
ローヤルゼリーには血行を促進する高い効果があり、就寝時の体温コントロールを補助して質の良い睡眠を促します。

安眠効果のある成分が含まれている

ローヤルゼリーには、安眠効果のある成分が含まれています。

・グリシン
グリシンはアミノ酸の一種です。グリシンには血管を拡張する作用があり、就寝時の体温コントロールを補助して自然な睡眠を促します。

睡眠が十分にとれていない人に対して就寝前にグリシンを摂取させたところ、翌朝の眠気や疲労感が減少し、作業効率が高まったという実験報告があります。
また、グリシンを摂取することで、深い睡眠であるノンレム睡眠の時間が増えることや、ノンレム睡眠に到達するまでの時間が早まることが研究で確認されています。

・セリン
セリンはアミノ酸の一種で、脳を構成する神経細胞の材料になる成分です。
睡眠に満足していない人に対して就寝前にセリンを毎日摂取させたところ、寝つき・睡眠の途中で起きる回数・睡眠の満足度などの睡眠の質が大きく改善されたという実験報告があります。また、セリンの摂取期間が長くなるほど睡眠の質が高まることも報告されています。

・ビタミンB12
ビタミンB12は神経の正常な機能に欠かせない成分で、神経の損傷を修復する作用があるほか、睡眠にも深く関係しています。
睡眠障害がある少年少女に対してビタミンB12を摂取させたところ、症状が改善されたという実験報告があります。

ローヤルゼリーには、安眠効果のあるこれらの成分が豊富に含まれています。ローヤルゼリーには、質の良い睡眠を促す高い効果があります。

まとめ

ローヤルゼリーには、高い安眠効果があります。ローヤルゼリーは「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの生成を促進するほか、安眠効果のある成分が豊富に含まれています。また、ストレス軽減効果や血行促進効果といった睡眠の質の向上に役立つ健康効果もあります。
「寝つきが悪い」「眠りが浅い」といった睡眠に関する悩みのある人は、ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

MENU