ローヤルゼリーを顔に使用する際の注意点

ローヤルゼリーには、健康効果だけでなく高い美容効果もあります。しかし、ローヤルゼリーがアレルギーの原因になる場合があり、特に顔に使用する場合は注意が必要です。
ローヤルゼリーを顔に使用する場合は、ローヤルゼリー配合の化粧品がおすすめです。また、顔に使用する前に腕などでパッチテストを行うと、安心して使用することができます。

顔に使用する場合はローヤルゼリー配合の化粧品がおすすめ

・ローヤルゼリーは美肌に効果的
ローヤルゼリーには高い美肌効果があり、その効果は実験でも確認されています。
その効果が注目されて、ローヤルゼリーを配合した化粧品が数多く販売されています。また、生ローヤルゼリーを直接肌に塗り、パック剤のように使用する人もいます。

詳しくはこちら:ローヤルゼリー配合の化粧品の美肌効果>>

・顔への使用は化粧品がおすすめ
しかし、食品として購入した生ローヤルゼリーを直接肌に塗るのは、あまりおすすめできません。生ローヤルゼリーを口に含むとピリピリとした刺激がありますが、そうした刺激が肌に悪影響を及ぼす場合があります。また、ローヤルゼリーがアレルギーの原因になる場合があり、使用は慎重に行うべきです。

化粧品には、そうした刺激を抑えたうえでローヤルゼリーが配合されています。また、アレルギーに対するテストも行われており、安全性がある程度確認されたものが販売されています。
ローヤルゼリーを顔に使用する場合は、ローヤルゼリーが配合された化粧品を利用することをおすすめします。

ローヤルゼリー化粧品の種類はこの記事で解説しています>>

ローヤルゼリーがアレルギーの原因になる場合がある

・アレルギーに注意が必要

ローヤルゼリーが稀にアレルギーを引き起こす場合があり、使用する際には注意が必要です。
また、アレルギーの原因物質を肌から体内に入れると、口から体内に入った場合よりもアレルギーの発症リスクが高まることが知られています。
そのため、食品用の生ローヤルゼリーを直接顔に塗るのはあまりおすすめしません。

・化粧品の多くはアレルギーテストが行われている

ローヤルゼリー配合の化粧品の多くは、アレルギーに対するテストを行い、安全性を確認したうえで販売されています。すべての人にアレルギーが起こらないわけではありませんが、リスクは生ローヤルゼリーよりも格段に低くなります。

アレルギーテストを行った製品には、「アレルギーテスト済み」「累積刺激テスト済み」といった表記がされています。
ローヤルゼリーを顔に使用する場合は、そうしたアレルギーテスト済みのローヤルゼリー化粧品の利用をおすすめします。

顔に使用する前にパッチテストを行う

ローヤルゼリーを顔に使用する場合は、先に顔以外の部分に使用して、アレルギー反応が出ないことを確かめておくと安心です。

・最初に顔に使用するのは避ける
どうしても生ローヤルゼリーを顔に使用したい場合でも、最初に顔に塗るのは避けるべきです。いきなり顔に塗ってしまうと、アレルギーが起こった場合に悪影響が大きくなってしまいます。
また、ローヤルゼリー配合の化粧品を初めて使用する際にも、念のため顔以外の肌に塗り、アレルギー反応がでないことを確認してから使用すると安心です。

・パッチテストの方法
初めて使う化粧品などが肌に合うかどうかを試すテストをパッチテストといいます。
ローヤルゼリーを顔に使用する際には、事前にパッチテストを行うと安心です。
パッチテストは、以下の方法で簡単に行えます。

(1) ローヤルゼリー配合の化粧品などを、入浴後に二の腕の内側に塗布する
(2) 24時間様子をみて、赤み・かゆみ・腫れなどの皮膚症状が出ないか確認する
(3) 問題がなければ顔の目立たない部分に少量塗り、再度皮膚の様子を確認する

こうしたパッチテストを事前に行えば、安心してローヤルゼリーの化粧品などを使用することができます。
皮膚に異常が発生した場合は、すぐに使用を中断して医師の診察を受けてください。

アレルギー体質の人は事前に医師に相談する

アレルギー体質の人は、ローヤルゼリーアレルギーが起こりやすい傾向があります。特に喘息患者やアトピー性皮膚炎の患者は、ローヤルゼリーを摂取すべきでないとされています。
アレルギー体質の人は、生ローヤルゼリーを肌に塗布するのは避けたほうがよいでしょう。また、ローヤルゼリー配合の化粧品を使う場合でも、事前に医師に相談することをおすすめします。

まとめ

ローヤルゼリーには高い美肌効果がありますが、アレルギーの原因になる場合があり、顔に使用する場合は注意が必要です。顔への使用は、刺激のある生ローヤルゼリーではなく、ローヤルゼリー配合の化粧品がおすすめです。
ローヤルゼリーを顔に使用する場合は、事前にパッチテストを行い、問題がないことを確認してから使用すると安心です。
皮膚に異常が起こった場合は、すぐに使用を中断して医師の診察を受けるようにしてください。