ローヤルゼリーパックで美しい肌に

ローヤルゼリーには健康効果だけでなく高い美容効果があります。ローヤルゼリーを使った美顔パックは、ローヤルゼリーの美肌成分を効率的に肌に補えるため、美肌にとても効果的です。
ローヤルゼリーパックには、市販の美容マスクやパック剤を利用する方法や、ローヤルゼリーが配合された化粧水を使ったコットンパックを行う方法があります。

ローヤルゼリーには高い美肌効果がある

ローヤルゼリーには多くの美肌成分が含まれており、美しい肌の形成にとても効果的です。

ローヤルゼリーの代表的な美肌成分には、コラーゲンとヒアルロン酸の生成を促進するデセン酸やアピシン、肌に潤いを与える各種アミノ酸、新陳代謝を活発にする類パロチン、肌の老化を抑制するビオプテリンなどがあります。

ローヤルゼリーを配合した化粧品には、これらの美肌成分が豊富に含まれています。
特にローヤルゼリーパックを行うと、こうした美肌成分を効率的に肌に補うことができるため、若々しく健康的な肌の形成が促進されます。

ローヤルゼリー配合の化粧品の効果について詳しくはこちら>>

ローヤルゼリーパックの方法

ローヤルゼリーパックには、いくつかの方法があります。

美容マスク

ローヤルゼリーを配合した美容マスクが多数販売されています。美容マスクにはローヤルゼリーの美容成分がたっぷり含まれており、週1-2回の肌のスペシャルケアに最適です。

ローヤルゼリーの美顔マスクは、洗顔して化粧水で肌を整えた後に使用します。マスクを肌に密着させ、15分程度そのままにしてからマスクを取ります。その後、乳液やクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

パック剤

シートタイプだけでなく、ローヤルゼリーを配合したパック剤も販売されています。
パック剤も洗顔後に使用し、適量を顔全体に伸ばした後、数分で洗い流します。
パック剤を伸ばしながら顔のマッサージをする使用法もあります。

コットンパック

ローヤルゼリーを配合した化粧水が販売されています。そうした化粧水をコットンに含ませて、コットンパックを行う方法もあります。

コットンパックには、一旦水を含ませたコットンを軽く絞り、それに化粧水をしっかりと含ませたものを使用します。コットンは薄く裂いて洗顔後の顔に乗せ、5分程度パックしたら剥がします。

生ローヤルゼリーを塗る

食品用の生ローヤルゼリーを肌に塗り、パック剤のように使用する人もいます。しかし、あまりおすすめできる方法ではありません。
生ローヤルゼリーには刺激のある成分が含まれており、肌が弱い人の場合は悪影響が及ぶ恐れがあります。また、ローヤルゼリーがアレルギーを引き起こす可能性もあり、使用には十分な注意が必要です。

なお、ローヤルゼリー配合の化粧品は刺激が抑えられているため、安心して使用できます。また、アレルギーテストが行われており、化粧品はアレルギーのリスクが低めです。

ローヤルゼリーパックの効果を高める方法

パックを行う前には、しっかりと洗顔して肌の汚れを落としておくことが大切です。
また、化粧水で肌を整えておくと、美容成分が肌に浸透しやすくなります。
さらに、入浴後などで肌の血行が促進されているときに行うと効果が高まります。

ただし、入浴中は汗をかくため、成分が肌に浸透しにくくなります。入浴中にパックを行うのは避けましょう。

ローヤルゼリーパックの注意点

・長時間使用しない
パックは美肌に効果的ですが、長時間行うと逆効果になる場合があります。
美容マスクやコットンパックを長時間放置すると、シートやコットンが乾いて、逆に肌の水分を吸収してしまいます。

美容マスクは10分から15分程度の使用時間が一般的で、パック剤やコットンパックは3分から5分程度が使用の目安です。
美容マスクの場合は製品によって使用時間が異なる場合があるため、製品に記載されている使用時間をきちんと守るようにしましょう。

・皮膚症状が起こったら使用を中断
ローヤルゼリーが原因で、稀にアレルギー症状が起こる場合があります。また、美容マスクや化粧水などにはローヤルゼリー以外の成分も含まれており、そうした成分が原因で皮膚症状が起こる場合もあります。

皮膚の赤み・かゆみ・腫れなどの皮膚症状が起こった場合は、直ちに使用を中止して、医師の診察を受けるようにしてください。使用を続けると、重大な皮膚症状が起こる場合があります。

まとめ

ローヤルゼリーには美肌に役立つ成分が豊富に含まれています。
ローヤルゼリーパックは、ローヤルゼリーの美容成分を効率的に肌に補うことができ、美肌にとても効果的です。ローヤルゼリーパックには、市販の美容マスクを使用する方法や、ローヤルゼリー配合の化粧水を使ってコットンパックを行う方法などがあります。
週1-2回の肌のスペシャルケアに、ローヤルゼリーパックを試してみてはいかがでしょうか。

MENU