安全性の高いオーガニックローヤルゼリー

ローヤルゼリーには数多くの商品があり、「オーガニックローヤルゼリー」と記載されたものも販売されています。
オーガニックローヤルゼリーは、化学物質や農薬が混入する可能性が極めて低い養蜂場で採取された、安全性の高いローヤルゼリーです。

オーガニックローヤルゼリーとは

オーガニックは「有機」という意味で、有機栽培や有機農法ともいわれます。化学肥料や農薬に頼らずに自然の恵みを生かした農林水産業や、その生産物を使用した加工品に対して使われる言葉です。

オーガニックローヤルゼリーは、オーガニックに関する認証機関によって「オーガニック養蜂場」や「有機養蜂場」に認定された養蜂場で採取されたローヤルゼリーです。
オーガニックローヤルゼリーは、化学物質や農薬が混入している可能性が極めて低く、安全性が高いのが特長です。

オーガニックローヤルゼリーの認証機関と認証基準

オーガニック製品の認証を行っている機関は数多くありますが、日本で販売されているローヤルゼリー製品の多くは「エコサート(ECOCERT)」という機関の認証を受けています。

・エコサートとは
エコサートは、フランスのトゥールーズに本拠地を置く国際有機認証機関です。1991年に設立され、現在世界の80カ国以上で農産物や加工食品などのオーガニック認証を行っています。エコサートは、オーガニック認証団体の世界基準ともいわれています。

・オーガニックローヤルゼリーの基準
どういった基準を満たせばオーガニック養蜂場として認証されるのかは、それぞれの認証機関によって異なります。
例えば、日本の多くの製品が認証を受けているエコサートの基準の中には、以下のようなものがあります。

・養蜂場から半径30km以内に化学工場や薬物汚染がないこと
・半径3km以内に農薬が散布されていないこと
・半径3kmの範囲に蜜と花粉を提供する十分な植物があること
・半径3kmに清潔な水源があること

このほかにも厳しい基準が設定されており、それらをすべてクリアしないと「オーガニック養蜂場」としての認証が受けられません。

オーガニックローヤルゼリーは、認証機関の厳しい審査を通過した養蜂場で採取された、安全性の極めて高いローヤルゼリーです。

オーガニックローヤルゼリーか購入前にチェック

安全性の高いオーガニックローヤルゼリーを購入したい場合は、事前に商品をしっかりとチェックしましょう。

・商品表示やホームページをチェック
安全性の高さは消費者へのアピールポイントになるため、オーガニック養蜂場で採取されたローヤルゼリーを使った商品には、「オーガニックローヤルゼリー」や「有機ローヤルゼリー原料使用」といった表示がされています。また、ホームページの商品説明などでも、認証機関の審査を通過した養蜂場のローヤルゼリーであることが必ず記載されています。

安全性の高い商品を選びたい場合は、事前に商品の表示やホームページの商品説明をチェックして、化学物質や農薬の心配のないオーガニックローヤルゼリーを選ぶことをおすすめします。

・名前には惑わされない
なお、「オーガニック」と記載されている商品のすべてがオーガニックローヤルゼリーとは限りません。商品名などに「オーガニック」と書かれている商品であっても、認証を受けていない場合があります。

認証機関の認証を受けるにはコストがかかるため、認証を受けていれば商品やホームページなどに必ずその記載があります。購入前にはメーカーのホームページなどの商品説明をしっかりとチェックして、認証を受けた本物のオーガニックローヤルゼリーを選ぶようにしましょう。

また、オーガニックではなく「有機」と表示している商品もあるため、見落とさないよう注意しましょう。

オーガニックローヤルゼリーの種類

販売されているオーガニックローヤルゼリーの多くは、生ローヤルゼリーです。
生ローヤルゼリーは、採取したローヤルゼリーから不純物を取り除いただけの未加工のローヤルゼリーです。添加物が入っていないため、ローヤルゼリーの豊富な栄養素をそのまま摂取できます。

また、オーガニックローヤルゼリーを配合したカプセル状のサプリメントも販売されています。
生ローヤルゼリーには独特の酸味と匂いがあるため、そうした風味が苦手な場合は、サプリメントタイプの製品を選ぶのもひとつの手です。

まとめ

オーガニックローヤルゼリーは、化学物質や農薬が混入する可能性の低いオーガニック養蜂場で採取されたローヤルゼリーです。安全性の高い製品を購入したい場合は、オーガニックローヤルゼリーを選びましょう。その際には、メーカーの商品説明をチェックして、認証機関の認証を受けていることをしっかりと確認することが大切です。

MENU