ローヤルゼリーは食欲不振の改善に効果的

身体の健康維持に食事は欠かすことができません。食欲不振が続くと、健康や美容に大きな悪影響が及びます。
ローヤルゼリーには心身の調子を整える高い効果があり、さまざまな原因で起こる食欲不振の改善にとても効果的です。

食欲不振の改善効果が実験で確認されている

老齢期の男女と更年期の女性を対象として、ローヤルゼリー300mgを1日2回に分けて100日間摂取させ、自覚症状の変化を調査する実験が行われました。その結果、食欲が減退していた被験者全員の症状が、100日後には大きく改善したことが報告されています。
ローヤルゼリーの継続的な摂取が食欲不振の改善に役立つことが、この実験で確認されています。

食欲不振の改善に役立つローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーには多くの健康効果があり、食欲不振の改善にとても効果的です。

胃腸の機能を司る自律神経を整える

・自律神経の乱れが食欲不振を引き起こす
自律神経は、血液の流れや内臓の機能などを24時間無意識のうちに調整している神経です。自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、両者がバランスをとりながら機能しています。
自律神経のバランスが乱れると、胃腸の機能が低下して食欲不振の原因になります。

・ローヤルゼリーは自律神経を整える
ローヤルゼリーには脳や神経で機能する神経伝達物質の生成を促進する作用があり、神経の正常な機能を補助します。また、ローヤルゼリーには神経の機能に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。
ローヤルゼリーには自律神経を整える高い効果があり、自律神経の乱れによる食欲不振の予防・改善にとても効果的です。

精神不安やストレスを緩和する

・精神不安やストレスは食欲不振を引き起こす
強い不安やストレスを感じると、自律神経の交感神経が刺激され、副交感神経の働きが抑制されます。副交感神経には消化・吸収を促進する働きがあり、交感神経が過度に刺激されると食欲不振の原因になります。
食欲不振の改善には、精神不安やストレスを緩和することが重要です。

・ローヤルゼリーは精神不安やストレスを緩和する
精神不安やストレスの緩和には、脳や神経で機能する神経伝達物質の働きが重要です。精神の安定に役立つ神経伝達物質には、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニン、やる気や意欲に関わるドーパミンなどがあります。

ローヤルゼリーには、セロトニンやドーパミンなどの材料となるアミノ酸や、それらの生成に必要なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。
ローヤルゼリーには神経伝達物質の生成を促進して精神不安やストレスを緩和する高い効果があり、ストレスなどによる食欲不振を予防・改善します。

血行を促進して胃腸の働きを活発にする

消化・吸収には大量の血液が必要であり、胃腸の機能には血行がとても重要です。食事後に眠くなるのは、胃腸に大量の血液が供給されて脳の血流量が減少するためです。

ローヤルゼリーには、血管を拡張する成分や血液をサラサラにする成分が豊富に含まれており、高い血行促進効果があります。
ローヤルゼリーは血行を促進して胃腸の働きを活発にし、食欲を増進させます。

睡眠の質を高めて自律神経の乱れを防ぐ

食欲不振の改善には、十分な睡眠をとることも大切です。睡眠不足の状態では交感神経が過度に活発になり、副交感神経の働きが抑制されて食欲不振の原因になります。

ローヤルゼリーには、安眠効果のあるアミノ酸のグリシンとセリンが含まれています。また、睡眠を調整するホルモンであるメラトニンの生成を促進する効果もあります。
ローヤルゼリーには質の良い睡眠を促す効果があり、睡眠不足による食欲不振の予防・改善に役立ちます。

更年期障害による食欲不振にも効果的

食欲不振は、更年期障害の症状のひとつでもあります。更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少することで起こります。
ローヤルゼリーの有効成分であるデセン酸には、エストロゲンの働きを補助する作用があり、更年期障害の症状を緩和する高い効果があります。
ローヤルゼリーは、更年期に起こる食欲不振の改善にも効果的です。

まとめ

ローヤルゼリーは食欲不振の改善に効果的で、その効果は実験でも確認されています。
ローヤルゼリーには、自律神経を整えて胃腸の働きを正常に保つ効果や、精神不安・ストレスを軽減する効果などの、食欲不振の改善に役立つ多くの効果があります。
食欲不振に悩んでいる人は、ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

MENU