体臭を改善するローヤルゼリー

多くの健康効果があることで人気のローヤルゼリーには、体臭を改善する効果もあります。
汗の臭いや加齢臭などの自分の体臭が気になる人も多いのではないでしょうか。
体臭が気になる人には、ローヤルゼリーがおすすめです。

皮脂の過剰分泌を抑制する

皮膚の雑菌によって皮脂に含まれる成分が分解されると、臭いの強いガスが発生します。
体臭を改善するには、皮脂の過剰分泌を抑制することが大切です。

・デセン酸が皮脂の過剰分泌を抑える
ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には、血液中の脂質を減少させる効果があります。また、デセン酸には女性ホルモンのエストロゲンと似た生理作用があり、皮脂の分泌を抑制するエストロゲンの働きを補助します。

・亜鉛は皮脂を増やすホルモンの分泌を抑制する
体臭を強める要因のひとつに、男性ホルモンのジヒドロテストステロンがあります。ジヒドロテストステロンは、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進します。
ローヤルゼリーに含まれる亜鉛には、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制する作用があります。

ローヤルゼリーはデセン酸や亜鉛を身体に補い、皮脂の過剰分泌を防いで体臭を改善します。

加齢臭の原因物質を減らす

加齢臭の主要な原因物質に、ノネナールがあります。
血液中の脂質が体内の活性酸素によって酸化されると、過酸化脂質と呼ばれる物質が発生します。この過酸化脂質が特定の脂肪酸を分解すると、加齢臭のもととなるノネナールが発生します。加齢臭を防ぐには、過酸化脂質の発生を抑えることが重要です。

・ローヤルゼリーは血液中の脂質を減少させる
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やコリンには、血液中の脂質を減少させる効果があります。また、ローヤルゼリーには肝臓の機能を高める効果があり、脂質の代謝を促進します。
ローヤルゼリーは、血液中の脂質を減少させて過酸化脂質の発生を抑制します。

・体内の活性酸素を減らす
活性酸素は強い酸化力をもつ物質で、血液中の脂質を酸化して過酸化脂質を発生させます。
ローヤルゼリーには含まれるビオプテリンには、活性酸素を中和する強い抗酸化作用があります。また、ローヤルゼリーのタンパク質を分解して得られるペプチド(アミノ酸化合物)にも、強い抗酸化作用があることが確認されています。
ローヤルゼリーは、活性酸素を減少させることで過酸化脂質の発生を抑制し、加齢臭を改善します。

ストレスを軽減する

ストレスは強い体臭の原因になります。

・ストレスは臭いの強い汗の分泌を促す
汗を分泌する汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。エクリン腺からの汗はほとんど水でできており、強い臭いはありません。その一方で、アポクリン腺からの汗はタンパク質や脂質などを多く含み、体臭の原因になります。
ストレスを感じると、アポクリン腺からの汗の分泌が促進されて体臭が強くなります。

・ローヤルゼリーはストレスを軽減する
ローヤルゼリーには、ストレスを軽減するホルモンやストレスに対する身体の抵抗力を高めるホルモンの分泌を促進する効果があります。
ローヤルゼリーにはストレスを軽減する高い効果があり、ストレスによる臭いの強い汗の分泌を抑制します。

腸内環境を整える

腸内環境が原因で体臭が悪化する場合もあります。
腸内環境が悪化すると、腸内の悪玉菌が放出するアンモニアや硫化水素が増加します。そうした物質は腸の血管から血液に溶け込み、汗と一緒に放出されて強い体臭の原因になります。

ローヤルゼリーには、腸の働きを調整している自律神経を整える効果や、腸の血行を促進する効果があり、腸内環境を改善する高い効果があります。
ローヤルゼリーは、腸内環境が原因で発生する体臭を改善します。

肝臓を健康に保って疲労臭を抑制する

体内では、タンパク質の代謝や悪玉菌の働きによってアンモニアが発生し、肝臓によって分解されています。疲労などによって肝機能が低下すると、分解されずに残ったアンモニアの一部が汗に混じって体外に放出され、強い体臭の原因になります。こうした体臭は疲労臭と呼ばれます。

ローヤルゼリーには、肝機能を補助する成分が豊富に含まれています。また、血液中の脂質を減少させる効果があり、肝臓の負担を軽減します。
ローヤルゼリーは肝機能を補助してアンモニアの分解を促進し、疲労臭の発生を防ぎます。

ローヤルゼリーは続けることが大切

以上のように、ローヤルゼリーには体臭の改善に役立つ多くの効果があります。
こうした効果は身体の調子を整えながらゆっくりと作用するため、十分な効果を得るためには長期間継続的に摂取することが大切です。
ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、体臭の改善に役立ててみることをおすすめします。

MENU