ローヤルゼリーに含まれる抗酸化物質

私たちの身体の中では、日々の呼吸によって活性酸素が発生しています。活性酸素は身体に必要な物質ですが、体内で過剰になるとさまざまな悪影響を及ぼします。身体の健康と美容には、体内の過剰な活性酸素を減らすことが重要です。
ローヤルゼリーには抗酸化物質が含まれており、体内の活性酸素を減少させます。

抗酸化物質は活性酸素を減少させる

抗酸化物質とは、活性酸素を中和する作用をもつ物質です。
過剰な活性酸素は健康と美容に悪影響を及ぼすため、抗酸化物質を摂取して体内の活性酸素を減らすことはとても重要です。

活性酸素とは

活性酸素は、ほかの物質を酸化する力が非常に強い酸素のことです。
人間は酸素を使用してエネルギーを生み出しており、その過程で体内に取り込んだ酸素の一部が活性酸素に変換されます。
強い酸化力をもつ活性酸素は、病原菌やウイルスの処理に利用されており、身体に不可欠な物質です。しかし、体内で過剰になると健康な細胞にも酸化ストレスを与えてしまい、細胞の老化や炎症の原因になります。

活性酸素が増えるとどうなる?

酸化とは、簡単にいえば錆びることです。クギが錆びてボロボロになるように、細胞や組織は酸化されると傷つき、老化してしまいます。
活性酸素が体内で過剰になると、肌の老化が進行してシワ・シミ・たるみの原因になります。また、活性酸素には炎症性物質の放出を促進する作用があり、皮膚や粘膜の炎症を悪化させるほか、肝炎や腎炎などの内臓の炎症を引き起こします。さらに、活性酸素は糖尿病・高血圧・動脈硬化といった生活習慣病や、白髪の増加、疲労などにも深く関係していることが、研究で確認されています。
身体を健康に保つためには、抗酸化物質を摂取して体内の過剰な活性酸素を減らすことが重要です。

活性酸素が増える原因は?

活性酸素は日々の呼吸によって発生するほか、ストレス・紫外線・喫煙・激しい運動などによって発生量が増加します。
また、人間の身体には活性酸素を中和する機能が備わっていますが、その機能は年齢とともに衰えます。そのため、歳をとると体内の活性酸素が増加します。

活性酸素を減少させるローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーには、体内の過剰な活性酸素を中和する成分が含まれています。
ローヤルゼリーは抗酸化物質を身体に補い、健康と美容に役立ちます。

ペプチド

・抗酸化作用をもつペプチドがある
ペプチドは、2個以上のアミノ酸がつながった化合物です。タンパク質は、消化液に含まれる酵素によってペプチドやアミノ酸に分解されて体内に吸収されます。
ペプチドには多くの種類があり、タンパク質やアミノ酸とは異なる生理作用をもつペプチドが多数発見されています。その中には、強い抗酸化作用をもつものがあります。

・ローヤルゼリーの酵素分解によって抗酸化ペプチドが得られる
ローヤルゼリーのタンパク質をトリプシン・キモトリプシンといった酵素で分解すると、強力な抗酸化作用をもつペプチドが得られます。このペプチドの抗酸化力は、強い抗酸化作用で知られるビタミンEと同程度です。

ローヤルゼリーのタンパク質をあらかじめ酵素で分解した酵素分解ローヤルゼリーが販売されています。そうした製品を摂取すれば、強力な抗酸化ペプチドを効率的に摂取できます。

ビオプテリン

ビオプテリンは、酵素の働きを助ける補酵素のひとつです。ビオプテリンには強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を減少させます。

また、ビオプテリンは脳の神経伝達物質の生成に深く関与しており、ストレス対処に必要なセロトニンやドーパミンの生成に不可欠な成分です。ビオプテリンは、活性酸素を増加させるストレスの軽減にも役立ちます。

ビタミンB2

ビタミンB2は酵素の働きを補助する補酵素です。
一般的にはビタミンB2は抗酸化物質とされていませんが、強力な抗酸化物質であるグルタチオン(体内にもともと存在する抗酸化物質)の再活性化に関与しており、活性酸素の中和を促進する作用があります。
ローヤルゼリーにはビタミンB2が含まれており、グルタチオンの抗酸化作用を強めて活性酸素の中和を補助します。

まとめ

抗酸化物質とは、活性酸素を中和する作用のある物質のことです。健康と美容には、抗酸化物質を摂取して体内の過剰な活性酸素を減少させることが大切です。
ローヤルゼリーのタンパク質を酵素分解すると、強力な抗酸化ペプチドが得られます。また、ローヤルゼリーに含まれるビオプテリンには強い抗酸化力があるほか、ビタミンB2も活性酸素の中和を補助します。
抗酸化物質を含むローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、健康と美容に役立ててみることをおすすめします。

MENU