不妊の改善に役立つローヤルゼリー

多くの健康効果があることで知られるローヤルゼリーは、不妊の改善にも効果的です。
不妊には男性不妊と女性不妊があり、ローヤルゼリーにはその両方に対して効果的な成分が含まれています。

不妊はさまざまな原因で起こる

不妊は、避妊をしていないのに12ヶ月以上にわたって妊娠に至らない状態をいいます。
不妊の原因は、男性側が約24%、女性側が約41%、両方に問題がある場合が24%、原因不明な場合が11%とされています。

女性不妊は、ホルモンバランスの乱れが主な原因で起こります。また、ストレスや身体の冷えは月経不順を引き起こし、不妊の原因になります。
男性不妊は、正常な精子の量が少ないことが主な原因です。加えて、勃起障害(ED)も不妊の原因になります。

女性不妊に対する効果

ホルモンバランスの乱れを抑制する

女性不妊の多くは、ホルモンバランスの乱れによって起こります。ホルモンバランスが乱れると排卵障害が起こったり、受精卵が着床しにくくなったりします。
不妊の改善には、ホルモンバランスの乱れを抑制することが大切です。

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸には、女性ホルモンのエストロゲンと似た生理作用があります。デセン酸にはエストロゲンの働きを補助してその過不足を補う作用があり、ホルモンバランスの乱れを抑制します。
また、ビタミンB6はエストロゲンの代謝に関わり、ホルモンバランスを整える作用があります。
ローヤルゼリーはこれらの成分によってホルモンバランスの乱れを抑制し、不妊の改善に役立ちます。

血行を促進して身体の冷えを防ぐ

身体の冷えは、月経不順を引き起こして不妊の原因になります。不妊の改善には、血行を促進して身体を冷やさないことが重要です。

ローヤルゼリーには、血管を拡張する成分が豊富に含まれています。また、血液中の脂質を減少させる効果があり、血液をサラサラにします。
ローヤルゼリーには血行を促進する高い効果があり、身体を温めます。血行を促進して冷え性を改善するローヤルゼリーの効果は、実験でも確認されています。
ローヤルゼリーは、不妊の原因となる身体の冷えを防ぎます。

ストレスを軽減する

ストレスは不妊の主要な原因のひとつです。ストレスは、身体の機能を調整している自律神経のバランスを乱して、ホルモンバランスの乱れや血行不良による身体の冷えを引き起こします。

ローヤルゼリーには、ストレスを軽減する神経伝達物質の生成を促進する作用があります。また、ストレスに対抗するためのホルモンの分泌を促進する成分が含まれており、ストレスに対する身体の抵抗力を高めます。
ローヤルゼリーは、不妊の原因となるストレスを軽減します。

男性不妊に対する効果

ローヤルゼリーは、女性不妊だけでなく男性不妊に対しても効果的です。

精子の生成を補助する

男性不妊の多くは、正常な精子の量が少ないことが原因で起こります。

・精子の生成を促進する成分が含まれている
ローヤルゼリーには、精子の生成を促進する成分が含まれています。
亜鉛は「性のミネラル」とも呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンの分泌量を増やして精子の生成を促進します。亜鉛の濃度が高まると精子の数や運動率が向上するという研究報告もあります。
また、アミノ酸のアルギニンにも精子の生成を促進する作用があり、アルギニンの摂取によって精子の量や運動率が向上したという実験報告があります。

・精子に悪影響を及ぼすストレスを軽減する
ストレスを感じると、強い酸化力をもつ活性酸素が大量に発生します。精子は活性酸素に弱いため、ストレスは精子の状態に悪影響を及ぼします。
ローヤルゼリーにはストレスを軽減する高い効果があり、活性酸素の発生を抑えて精子を保護します。

勃起障害(ED)を改善する

ローヤルゼリーには男性機能を高める効果があり、EDによる不妊の改善に役立ちます。

男性器は、海綿体に血液が流れ込むことで機能します。ローヤルゼリーには血行を促進する高い効果があり、男性器の機能を補助します。

また、EDの改善には男性ホルモンのテストステロンの働きが重要です。
ローヤルゼリーにはテストステロンの分泌を促進する亜鉛が含まれているほか、身体の筋肉量を増やしてテストステロンの分泌量を増やす効果があります。

まとめ

不妊には、女性不妊と男性不妊があります。ローヤルゼリーには数多くの健康効果があり、女性不妊と男性不妊の両方の改善に効果的です。
不妊を改善したいと考えている人は、ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、妊娠しやすい・させやすい身体の形成に役立ててみてはいかがでしょうか。

MENU