ローヤルゼリー配合のキャンディ

ローヤルゼリー製品にはさまざまな形態があり、ローヤルゼリーを配合したキャンディも販売されています。
ローヤルゼリーキャンディは、おやつ感覚でローヤルゼリーを美味しく摂取できます。初めてローヤルゼリーを試す人や、生ローヤルゼリーの風味が苦手な人に特におすすめです。

ローヤルゼリーキャンディの特徴

市販されているローヤルゼリーキャンディの特徴をみていきましょう。
ローヤルゼリーキャンディは、現在複数のメーカーから販売されています。

・ローヤルゼリーの含有量

ローヤルゼリーの含有量は製品によって異なり、1粒あたり150mgのローヤルゼリーが配合されている製品もあります。サプリメントなどに比べれば少ないですが、製品によってはローヤルゼリーの成分をしっかりと摂取することができます。

なお、ローヤルゼリーの一日の摂取目安量は500mgから3,000mgとされています。

・ローヤルゼリー以外の成分

ローヤルゼリー以外の配合成分には、糖分・ビタミンC・クエン酸などがあります。
特にビタミンCはローヤルゼリーと相性の良い成分です。ローヤルゼリーにはビタミンCの働きを高めるパントテン酸が含まれており、ビタミンCはローヤルゼリーに含まれているミネラルの吸収率を高めます。
ローヤルゼリーキャンディの中には、一袋に3,000mgものビタミンCが配合されている製品もあります。これは、レモン150個分に相当します。

ローヤルゼリーとビタミンCの相乗効果について詳しくはこちら>>

・価格

ローヤルゼリーキャンディの価格は、メーカーによってやや幅があります。一袋の内容量は70gから100gで、価格は400円から800円程度です。

・味

ローヤルゼリーキャンディは、ハチミツ・砂糖・ショウガ・柚子果汁などによって味が調整されています。味は商品によって異なりますが、甘味や柑橘類の酸味などが加えられており、さっぱりと美味しく食べることができます。

・カロリー

ローヤルゼリーキャンディは1粒あたり約16キロカロリーで、100gあたり400キロカロリー程度です。
キャンディには糖分が含まれておりカロリーが気になるところですが、いちどに大量に摂取しなければ問題にはなりません。

ローヤルゼリーキャンディのメリット

ローヤルゼリーキャンディには、さまざまなメリットがあります。

・手軽で場所を選ばず摂取できる
ローヤルゼリーキャンディは、おやつ感覚でどこでも気軽に摂取できます。

生ローヤルゼリーは冷蔵・冷凍保存が必須で、自宅以外での摂取には適していません。また、粉末や錠剤、カプセル状のサプリメントは飲むのに水が必要です。
ローヤルゼリーキャンディは、移動中・勤務先・外出先・旅行先など、場所を選ばずローヤルゼリーの成分を摂取できます。

・味が美味しい
ローヤルゼリーキャンディは砂糖や柑橘類の果汁、ショウガなどによって味が調えられており、美味しく食べることができます。
ローヤルゼリーには発酵食品のような独特の風味があり、あまり美味しいものではありません。ローヤルゼリーキャンディであれば、そうした風味が苦手な人でも問題なく摂取することができます。

・安価でローヤルゼリーを試せる
ローヤルゼリーキャンディは1袋で400円から800円程度です。通常のキャンディに比べればやや高めですが、サプリメントや生ローヤルゼリーに比べればとても安価です。
ローヤルゼリーキャンディは、ローヤルゼリーの成分を気軽に試すのに適しています。

・粉末や錠剤を飲むのが苦手な人にもおすすめ
子供やお年寄りを中心に、粉末や錠剤を飲むのが苦手な人がいます。キャンディタイプの製品は、そうした人の利用にも適しています。

ローヤルゼリーキャンディの注意点

・1歳未満の乳児には与えない
ローヤルゼリーキャンディを1歳未満の乳児に与えるのは厳禁です。
ハチミツやローヤルゼリーにはボツリヌス菌が含まれている可能性があり、1歳未満の乳児が摂取すると命に関わる乳児ボツリヌス症が起こる恐れがあります。

・アレルギーに注意
稀に、ローヤルゼリーが原因でアレルギーが起こる場合があります。
アレルギー体質の人はローヤルゼリーアレルギーも起こりやすいため、摂取には注意が必要です。特に喘息やアトピー性皮膚炎の患者はローヤルゼリーを摂取すべきでないとされています。

ローヤルゼリーキャンディの摂取によって皮膚・粘膜の異常や体調不良が起こった場合は、すぐに摂取を中断して医師の診察を受けてください。

まとめ

ローヤルゼリーキャンディは、場所を選ばず気軽に摂取できる点や、ローヤルゼリーの独特な風味を気にすることなく美味しく食べられる点が魅力です。また、価格も安いため、ローヤルゼリーを試してみたい初心者にもおすすめです。
気軽に健康成分を摂取できるローヤルゼリーキャンディを、いちど試してみてはいかがでしょうか。

MENU