ローヤルゼリーを選ぶときは添加物をチェック

ローヤルゼリー製品の中には、添加物が含まれているものがあります。ローヤルゼリーを購入する際には、製品に使用されている添加物をチェックすることが大切です。
添加物と聞くと身体に良くないイメージがあるかもしれませんが、ローヤルゼリーの添加物には、製品に必要不可欠な成分や身体にプラスの効果をもたらす成分も多くあります。

調整ローヤルゼリーには添加物が含まれている

・ローヤルゼリー製品には3種類ある
ローヤルゼリー製品には、生ローヤルゼリー・乾燥ローヤルゼリー・調整ローヤルゼリーの3つの種類があります。
このうち添加物が含まれているのは、基本的に調整ローヤルゼリーのみです。
生ローヤルゼリーは採取したローヤルゼリーから不純物を取り除いたもので、乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーを乾燥させたものです。

・添加物を含む調整ローヤルゼリー
調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーもしくは乾燥ローヤルゼリーに添加物を使用して成分を調整したものです。

日本のローヤルゼリーの業界団体である「(社) 全国ローヤルゼリー公正取引協議会」の基準では、使用した生ローヤルゼリーの重量が、調整ローヤルゼリーの全重量の6分の1以上を占めるよう定められています。逆に言えば、6分の5近くを添加物が占める製品であっても販売可能です。

添加物が使用されている理由

添加物という言葉にあまり良いイメージはないかもしれません。しかし、調整ローヤルゼリーの添加物には重要な役割があります。

カプセルや錠剤の成形

ローヤルゼリーはクリーム状の物質であり、サプリメントの形状にするためにはグリセリンやゼラチンなどが必要です。こうした成分は、サプリメントとしてローヤルゼリーを手軽に摂取するために必要不可欠です。

保存期間を長くする

ローヤルゼリーは生ものであり、日持ちしません。常温保存のサプリメントとして販売するためには、保存料の添加が必要です。
保存料は製品に不可欠ですが、中には安全性に疑問のある酸化防止剤などが含まれている場合もあります。購入の際には原材料をチェックして、身体への悪影響が少ない植物由来の成分などが使用されている製品を選ぶようにしましょう。

味を調える

ローヤルゼリーはハチミツと同じくミツバチが生産する物質ですが、味には大きな違いがあります。
ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸には強い酸味があり、甘味はほとんど感じられません。また、発酵食品のような独特の匂いもあります。

そうしたローヤルゼリーの風味を緩和するために、調整ローヤルゼリーには甘味料などが加えられている場合がほとんどです。代表的な成分には、ハチミツや乳糖などがあります。こうした成分は、ローヤルゼリーを飲みやすくするために必要です。

なお、製品によっては人口甘味料が加えられている場合もあります。ローヤルゼリーは継続的に摂取するものであり、なるべく自然の甘味料が使用されているものを選ぶのがおすすめです。

健康効果を高める

ローヤルゼリー製品の中には、健康効果をより高めるために、ほかの健康成分を添加しているものもあります。代表的な成分には、プロポリス・セサミン・コエンザイムQ10・DHA・EPA・各種ビタミンなどがあります。
こうした成分が添加されている製品を選べば、ひとつの製品で複数の健康成分を摂取することができます。

安心のために「公正マーク」がついているものを選ぶ

ローヤルゼリー製品の中には、添加物が必要以上に含まれているものがあります。また添加物の表示が適切に行われていない可能性もあります。
そうした点が不安な場合は、「公正マーク」が付いている製品を選ぶのがおすすめです。

公正マークは、業界団体である(社) 全国ローヤルゼリー公正取引協議会の厳しい審査をパスした製品だけに貼付が許可されるマークです。
審査項目には表示規格に関するものがあり、公正マークが付いている商品には虚偽表示の心配がありません。また、同協会が定めた規約には、「錠剤、カプセルその他剤型品の調製は、品質保全のため必要な場合に限る」と記載されており、過剰な添加物に制限がかけられています。

まとめ

ローヤルゼリー製品のうち、調整ローヤルゼリーには添加物が含まれています。
ローヤルゼリー製品の添加物は、成形・保存・味の調整・健康効果を高めるといったさまざまな目的で加えられています。
ローヤルゼリーを購入する際には原材料をチェックして、なるべく身体に悪影響の少ない添加物が使用されている製品を選びましょう。
また、公正マークが付いた製品は成分の虚偽表示の心配がなく、安心して摂取できます。