冷え性の改善にローヤルゼリー

多くの健康効果をもつことで人気のローヤルゼリーは、冷え性の予防・改善にもとても効果的です。
冷え性は多くの女性を悩ませています。近年では20代の女性や学童・思春期の女性の冷え性が増えているとの報告もあります。

冷え性の改善効果が実験で確認されている

ローヤルゼリーの冷え性に対する効果は、実験でも確認されています。
冷え性の女性にローヤルゼリーもしくは偽の薬が配合されたカプセルを2週間摂取してもらい、その前後で冷水にさらした後の手の温度を測定する実験が行われました。その結果、ローヤルゼリーの摂取量が多いほど、冷水にさらした後の手の温度の回復が早まったことが報告されています。

この実験の被験者は平均年齢25.5歳であり、ローヤルゼリーは近年増えている若い世代の冷え性に対しても効果的なことが確認されています。

更年期障害による冷え性に効果的

冷え性は、更年期障害の症状のひとつでもあります。
ローヤルゼリーは更年期障害の症状改善にとても効果的であり、更年期障害による冷え性を緩和します。

・更年期障害の原因はエストロゲンの減少
更年期障害は、閉経前後に女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少することで起こります。ホルモンバランスが崩れることで、身体の機能を無意識のうちに調整している自律神経のバランスも乱れます。自律神経は血液の流れを調整しているため、更年期の影響で自律神経が乱れると、血行不良による冷え性が起こります。

・デセン酸がエストロゲンの働きを補助する
ローヤルゼリーには、脂肪酸の一種であるデセン酸が含まれています。
デセン酸にはエストロゲンに似た生理作用があり、その作用はエストロゲン様作用と呼ばれます。デセン酸はエストロゲンの働きを補助して更年期のホルモンバランスの乱れを抑制し、更年期障害の症状を改善します。
ローヤルゼリーは、更年期障害による冷え性の緩和にとても効果的です。

冷え性の予防・改善に役立つローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーには、冷え性の予防・改善に役立つ多くの効果があります。

血管の拡張

ローヤルゼリーには血管を広げて血行を促進する成分が含まれています。

アミノ酸のアルギニンとグリシンには、血管を拡張する高い効果があります。特にアルギニンは、血管を拡張するシグナルとして機能する一酸化窒素の材料になる成分です。
また、ビタミンB群に分類されるナイアシンにも毛細血管を拡張する作用があります。
さらに、ミネラルのマグネシウムには動脈を弛緩させる作用があり、血流量を増やします。

血液中の脂質を減少させる

ローヤルゼリーには、血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする成分が豊富に含まれています。血液中の脂質が減少すると、血行が促進されて冷え性が改善します。

血液中の脂質を減少させるローヤルゼリーの成分には、デセン酸とコリンがあります。
また、メチオニン・リシン(リジン)・タウリンといったアミノ酸やビタミンB2には、脂質の代謝を促進する作用があります。
さらに、ローヤルゼリーに豊富に含まれるパントテン酸には、善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにする作用があります。

自律神経のバランスを整える

自律神経は血液の流れを調整しており、ストレスなどで自律神経が乱れると冷え性の原因になります。
ローヤルゼリーには神経で機能する神経伝達物質の生成を促進する作用があり、自律神経の正常な機能を補助します。また、神経を修復する作用のあるビタミンB12をはじめとした、神経の機能に欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。
ローヤルゼリーには自律神経のバランスを整える効果があり、自律神経の乱れによる冷え性の予防・改善に役立ちます。

睡眠の改善

十分な睡眠は、冷え性の改善にとても重要です。睡眠不足の状態では自律神経が乱れやすく、冷え性が悪化しやすくなります。
ローヤルゼリーには、安眠効果のあるアミノ酸のグリシンとセリンが含まれています。また、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの生成を促進する作用があります。
ローヤルゼリーには睡眠の質を高める効果があり、睡眠不足による冷え性の悪化を防ぎます。

まとめ

ローヤルゼリーは、冷え性の予防・改善にとても効果的です。ローヤルゼリーには、血行促進効果などの冷え性の改善に役立つ多くの効果があります。また、更年期障害の症状を緩和する高い効果があり、更年期障害による冷え性に対して特に効果的です。ローヤルゼリーの冷え性に対する効果は、実験でも確認されています。
つらい冷え性に悩んでいる人は、毎日の生活にローヤルゼリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。