ニュージーランド産ローヤルゼリーの特徴

日本で流通しているローヤルゼリーのほとんどは外国産であり、ニュージーランドから輸入された製品も販売されています。ニュージーランド産ローヤルゼリーはソフトカプセルなどの加工品が中心で、品質の割に価格が安いことで人気を集めています。

ニュージーランド産ローヤルゼリーの製品タイプ

ニュージーランド産ローヤルゼリーは、ソフトカプセルやローヤルゼリー入りハチミツなどの加工品が主に流通しています。

ソフトカプセル

日本に輸入されているニュージーランド産ローヤルゼリーは、ソフトカプセルタイプが中心です。
ソフトカプセルは、シート状にしたゼラチンでローヤルゼリーを包み込み、カプセルの形に成形したものです。ニュージーランド産の製品では、薬のカプセルのような細長い楕円形のタイプが多くみられます。

ローヤルゼリーには独特の味と匂いがあり、あまり美味しいものではありません。しかし、ソフトカプセルであればそうした風味を気にすることなく摂取できます。

ローヤルゼリーのソフトカプセルの特徴について詳しくはこちら>>

また、ニュージーランド産のソフトカプセルは内容量が多い製品が多く、1日あたりのコストを抑えることができます。

ローヤルゼリー入りハチミツ

ニュージーランドは「マヌカハニー」と呼ばれるハチミツの産地で、マヌカハニーにローヤルゼリーを混ぜた製品が日本で数多く販売されています。

マヌカハニーは通常のハチミツよりも粘度が高く、強い殺菌・抗菌作用があります。のどの炎症を抑制する効果や腸内環境の改善効果、美肌効果などの多くの健康効果と美容効果があることでも知られています。
ローヤルゼリーとマヌカハニーはとても相性が良く、一緒に摂取すると互いの効果が高まります。また、マヌカハニーに混ぜることでローヤルゼリーの味が緩和され、美味しく摂取することができます。

ローヤルゼリーとマヌカハニーの相性についてはこちらの記事で解説しています>>

ローヤルゼリー入りハチミツについて詳しくはこちら>>

生ローヤルゼリーは少ない

未加工の生ローヤルゼリーは人気のある製品タイプですが、ニュージーランド産の生ローヤルゼリーはあまり流通していません。これには、ニュージーランドと日本の距離が影響しています。

生ローヤルゼリーは鮮度が重要で、鮮度が落ちると健康効果も低下してしまいます。ニュージーランドと日本は距離が遠く、輸送の間に品質が劣化するリスクが高くなります。
また、生ローヤルゼリーは冷蔵保存や冷凍保存が必要なため、常温で保存できるソフトカプセルやローヤルゼリー入りハチミツよりも輸送コストがかかります。

ニュージーランド産ローヤルゼリーの特徴

ニュージーランド産ハチミツには、品質と安全性が高い割に価格が安いという特徴があります。

品質が高い

ニュージーランドには豊かな自然環境があり、気候も温暖で養蜂にとても適しています。ローヤルゼリーの原料となる花粉や蜜を提供する植物が多く、高品質なローヤルゼリーの産地として知られています。

安全性が高い

ニュージーランドでは養蜂が盛んに行われており、国の方針によってミツバチ産品の安全性が高く保たれています。ニュージーランドではミツバチに抗生物質を与えることが禁止されているほか、外部から病原菌やウイルスが入ってこないよう厳重に検疫が行われています。

また、ニュージーランドはオーガニックローヤルゼリーの生産も盛んです。オーガニックローヤルゼリーは、化学物質や農薬が混入する可能性が極めて低い養蜂場で採取された安全性の高いローヤルゼリーです。

オーガニックローヤルゼリーについて詳しくはこちら>>

ニュージーランドは、国を挙げてローヤルゼリーの安全性確保に取り組んでいます。ニュージーランド産ローヤルゼリーは、安心して摂取できます。

価格が安い

ニュージーランド産ローヤルゼリーは、コストパフォーマンスが高い点も魅力です。
ニュージーランド産ローヤルゼリーのソフトカプセルは内容量が多い製品が多く、1日あたりのコストを抑えることができます。

ローヤルゼリーは長く続けることで十分な効果を発揮するため、摂取を継続することがとても重要です。ニュージーランド産ローヤルゼリーの価格の安さは、摂取を続ける上で非常に大きなメリットです。

まとめ

日本で流通しているニュージーランド産のローヤルゼリーは、ソフトカプセルタイプやローヤルゼリーを配合したハチミツが中心です。
ニュージーランド産ローヤルゼリーは、高品質で安全性が高いのが特徴です。また、価格が比較的安く、摂取を継続しやすいという利点もあります。
コストパフォーマンスの高いニュージーランド産ローヤルゼリーを、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。