ローヤルゼリーに含まれる糖質

ローヤルゼリーには約14%の糖質が含まれています。ローヤルゼリーには血糖値を下げる効果があり、ある程度の糖質は含まれているものの、糖尿病を予防したい人におすすめの健康食品です。
また、ローヤルゼリーに含まれているオリゴ糖は、健康と美容にとても効果的です。

ローヤルゼリーの糖質は少なめ

ローヤルゼリーに含まれている糖質には、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)のほか、スクロース(ショ糖)を含むオリゴ糖があります。
ローヤルゼリーはハチミツと同じくミツバチが生産する物質ですが、ハチミツの約8割が糖質なのに対して、ローヤルゼリーには約14%しか糖質が含まれていません。

ローヤルゼリーは甘くない

ローヤルゼリーはハチミツと同じくミツバチによって生産されるため、ハチミツと同じく甘い味がすると思っている人もいます。
しかし、ローヤルゼリーに含まれる糖質はハチミツと比べて少なく、甘味はほとんど感じられません。糖質は含まれているものの、特有成分であるデセン酸に強い酸味があるため、その酸味によって甘味が消されてしまいます。

ローヤルゼリーは血糖値を抑制する

ローヤルゼリーには血糖値を抑制する効果があります。ローヤルゼリーには糖質が含まれていますが、血糖値が気になる人はローヤルゼリーを避けるのではなく、むしろ積極的に摂取すべきです。

・ローヤルゼリーから糖質を摂りすぎる心配はない
糖質が含まれていると聞くと、肥満や血糖値の上昇を気にして口にするのをためらう人がいるかもしれません。
しかし、ローヤルゼリーはいちどに大量に摂取するものではありません。また、糖質の割合も低めであり、ローヤルゼリーから糖質を摂りすぎる心配はありません。

・ローヤルゼリーは血糖値を下げる
ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸には、血糖値を抑制するインスリンと似た生理作用があります。また、ローヤルゼリーには糖の代謝を促進するビタミンB群やマグネシウムなどが豊富に含まれています。そのため、ローヤルゼリーを摂取すると血糖値が抑制されます。
血糖値を抑制するローヤルゼリーの効果は、実験でも確認されています。

・ローヤルゼリーはブドウ糖の吸収を抑制する
ローヤルゼリーには小腸でのグルコース(ブドウ糖)の吸収を抑制する効果があることが、愛媛大学医学部の研究で報告されています。

ローヤルゼリーには糖質が含まれていますが、血糖値を抑制する効果が強く、血糖値が気になる人でも安心して摂取できます。

ローヤルゼリーに含まれるオリゴ糖の効果

ローヤルゼリーには、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖には身体に役立つ多くの効果があり、ローヤルゼリーの健康効果と美容効果を高めています。
オリゴ糖の代表的な効果をご紹介します。

腸内環境の改善

オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌などの腸の善玉菌の食料になり、善玉菌の増殖を促進します。そのため、腸内環境を改善する高い効果があります。
オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの糖類が2-20個ほど結合したものです。分子量が大きいため胃や腸で消化吸収されにくく、大腸まで届いて善玉菌の食料になります。
この効果から、オリゴ糖を配合した商品が特定保健用食品(トクホ)として認可されています。

腸内環境を改善するオリゴ糖は、便秘や下痢などを起こしにくい健康な身体の形成に役立ちます。

美肌効果

腸内環境は、美容にも深く関係しています。
腸内環境が悪化すると、腸内の悪玉菌によってアンモニアや硫化水素などの有害物質が大量に放出されます。こうした有害物質は腸の血管から血液中に取り込まれ、肌の新陳代謝を阻害します。そのため、腸内環境の悪化は肌荒れの原因になります。
オリゴ糖には腸内環境を改善する高い効果があり、悪玉菌による有害物質の放出を抑制します。オリゴ糖は、美しい肌の形成にも効果的です。

免疫力の向上

腸には身体全体の約7割の免疫細胞が集中しており、免疫機能にとって重要な器官です。そのため、腸内環境を整えるオリゴ糖には免疫力を高める効果があります。
オリゴ糖を継続的に摂取させたところ、風邪の症状が軽減されたとの実験報告もあります。

まとめ

ローヤルゼリーには約14%の糖質が含まれていますが、血糖値を抑制する作用があり、血糖値が気になる人はむしろ積極的に摂取すべきです。また、ローヤルゼリーに含まれているオリゴ糖には、腸内環境の改善効果や美肌効果などがあり、身体の健康と美容に役立ちます。
ローヤルゼリーは、血糖値を気にせず身体に役立つ糖質を摂取できる優れた健康食品です。ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、健康と美容に役立ててみることをおすすめします。

MENU