手軽に飲めるローヤルゼリーカプセル

ローヤルゼリー製品にはさまざまな形態があり、カプセル状のサプリメントが数多く販売されています。ローヤルゼリーカプセルは手軽で飲みやすく、保存も簡単です。また、比較的安価な製品も多いため、摂取を継続しやすいというメリットがあります。

ローヤルゼリーカプセルの特徴

ローヤルゼリーカプセルには、ハードカプセルとソフトカプセルの2種類があります。
ハードカプセルは、乾燥させたローヤルゼリーなどをカプセルに詰めたものです。
ソフトカプセルは、ゼラチンでつくった皮でローヤルゼリーを包みこみ、円形や楕円形に成形したものです。

ローヤルゼリーカプセルに含まれる成分は製品によって異なり、ローヤルゼリーだけをカプセルに入れたものもあれば、別の健康成分を加えてあるものもあります。

ローヤルゼリーカプセルのメリット

ローヤルゼリーカプセルには、さまざまなメリットがあります。

ローヤルゼリーの味と匂いが気にならない

生ローヤルゼリーには、発酵食品を思わせる強い酸味や匂いがあります。生ローヤルゼリーは、残念ながらあまり美味しいものではありません。
ローヤルゼリーカプセルは成分が密閉されており、無味無臭です。そのため、ローヤルゼリーの風味が苦手な人でも安心して摂取できます。

保存が簡単

ローヤルゼリーカプセルは常温で保管できるため、保存がとても簡単です。製品にもよりますが、未開封の状態であれば数年もつものもあります。開封後は摂取目安量通りに摂取を続ければ、品質が悪くなることはほぼありません。

持ち運びに適している

ローヤルゼリーカプセルは軽くてかさばらず、持ち運びが簡単です。
摂取方法も水で飲むだけなので、外出先や勤務先などでも気軽に摂取できます。

摂取に手間がかからない

カプセルの摂取方法は、水で飲むだけです。
生ローヤルゼリーはスプーンを用意する必要があり、味が苦手な場合はほかの飲み物に混ぜるなどの工夫をする必要があります。
ローヤルゼリーの成分をなるべく手軽に摂取したい人には、カプセルタイプがおすすめです。

比較的安価で購入できる

ローヤルゼリーカプセルは、生タイプに比べて安価で購入できます。
ローヤルゼリーカプセルは保存が簡単なほか、乾燥加工済みで軽いのが特徴です。そのため、生タイプに比べて保存や輸送のコストがかかりません。
安価なローヤルゼリーカプセルには、摂取を継続しやすいというメリットがあります。

ローヤルゼリーカプセルのデメリット

メリットの多いローヤルゼリーカプセルですが、デメリットもあります。製品を検討する際には、デメリットもしっかりと把握した上で選ぶことが重要です。

・含有量が少なめ
ソフトカプセルの場合は成形にゼラチンが必要で、その分ローヤルゼリーの含有量が少なくなります。また、ハードカプセルでも成分を調整した製品であれば、添加物の分だけローヤルゼリーの割合が低くなります。
カプセルタイプを選ぶ場合は、ローヤルゼリーの含有量を確認してから購入しましょう。

・カプセルを飲み込むのが苦手な人には不向き
お年寄りや子供などを中心に、カプセルを飲み込むのが苦手な人がいます。そうした人には、ローヤルゼリーカプセルは不向きです。
カプセルが苦手な場合は、生ローヤルゼリーや粉末状の乾燥ローヤルゼリーを選ぶことをおすすめします。

・糖衣錠などに比べると保存に注意が必要
ローヤルゼリーカプセルは常温での保存が可能ですが、糖でコーティングされた糖衣錠などよりも保存に気を配る必要があります。
ローヤルゼリーカプセルは乾燥しすぎるとカプセルがもろくなるほか、湿気が多すぎてもカプセルが変形して成分が漏れる場合があります。また、ソフトカプセルが熱で変形してしまう場合もあります。

ローヤルゼリーは続けることが大切

ローヤルゼリーには多くの健康効果や美容効果があり、その効果は身体の調子を整えながらゆっくりと作用します。そのため、ローヤルゼリーの効果を十分に得るためには、長期間摂取を継続する必要があります。

ローヤルゼリーはさまざまな形態で販売されており、生タイプ・錠剤・カプセル・粉末・ドリンクタイプなどの数多くの製品があります。これらにはそれぞれメリットとデメリットがあり、個人の好みや生活スタイルにあわせて、なるべく続けやすいタイプを選ぶことが大切です。

ローヤルゼリーカプセルは風味を気にせず摂取でき、保存が簡単でどこでも気軽に飲むことができます。手軽にローヤルゼリーを摂取して健康や美容に役立てたい人には、ローヤルゼリーカプセルがおすすめです。

MENU