貧血の予防・改善に役立つローヤルゼリー

ローヤルゼリーには赤血球の生成に役立つ成分が豊富に含まれており、貧血の予防・改善にとても効果的です。
貧血は、身体に酸素を供給する赤血球や、赤血球を構成するヘモグロビンが減少して、身体が酸素不足に陥る症状です。貧血は特に女性に多くみられ、倦怠感やめまいを引き起こします。

貧血は主に栄養素の不足が原因で起こる

貧血はさまざまな原因によって起こりますが、主な原因は栄養素の不足です。

赤血球を構成するヘモグロビンは、鉄とアミノ酸からつくられます。貧血の最も多い原因は鉄分の不足です。また、ダイエットなどでアミノ酸が不足すると、貧血が起こりやすくなります。
さらに、赤血球の生成には多くの酵素が関係しており、酵素の構成成分であるミネラルが不足したり、酵素の働きを補助するビタミンが欠乏したりすると、正常な赤血球がつくられず貧血の原因になります。

赤血球の生成に役立つローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーには、赤血球の生成に必要な栄養素が豊富に含まれています。

ミネラル

ローヤルゼリーには、赤血球の生成に不可欠な鉄・銅・亜鉛が含まれています。
ローヤルゼリーはこれらのミネラルを身体に補い、赤血球の生成を促進します。

・鉄
鉄は赤血球を構成するヘモグロビンの主成分であり、鉄の不足が貧血の最も多い原因です。鉄の不足による貧血は鉄欠乏性貧血と呼ばれ、貧血の9割以上を占めます。
ローヤルゼリーには鉄が含まれており、鉄欠乏性貧血の予防・改善に役立ちます。

・銅
銅は赤血球自体には含まれていませんが、赤血球の生成に関わる酵素の構成成分であり、赤血球の生成に不可欠です。銅の不足による貧血は、銅欠乏性貧血と呼ばれます。

・亜鉛
亜鉛は、細胞分裂に関わる200以上の構成成分であり、赤血球の生成にも欠かせません。
亜鉛は赤血球の前段階の細胞である赤芽球の分化に必要であり、亜鉛が不足すると赤血球が減少して亜鉛欠乏性貧血が起こります。

ビタミン

ローヤルゼリーには、8種類あるビタミンB群すべてが豊富に含まれています。ビタミンB群は酵素の働きを補助する補酵素として体内で機能し、赤血球を生成する酵素の働きにも不可欠です。
その中でも特に重要な成分に、ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸があります。

・ビタミンB6
ビタミンB6は、ヘモグロビンの合成に不可欠なビタミンです。不足すると鉄からヘモグロビンを合成できず、貧血症状が起こります。

・ビタミンB12・葉酸
ビタミンB12と葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれ、赤血球の生成を促進する作用があります。どちらかでも不足すると正常な赤血球が生成されず、悪性貧血が起こります。

アミノ酸

赤血球を構成するヘモグロビンは、鉄とアミノ酸からつくられます。極端なダイエットや偏った食事でアミノ酸が不足すると、貧血の原因になります。

ローヤルゼリーには、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸のすべてがバランス良く含まれています。また、必須アミノ酸以外の15種類のアミノ酸も含まれています。
ローヤルゼリーは、赤血球の材料であるアミノ酸を効率的に補給できる優れた健康食品です。

ローヤルゼリーは内臓の健康悪化による貧血を防ぐ

貧血は、栄養素の不足だけでなく、内臓の健康悪化が原因で起こる場合もあります。

・内臓の不調は貧血を引き起こす
肝臓には赤血球の生成に必要な鉄やビタミンを貯蔵する役割があります。また、腎臓には赤血球の生成に必要なホルモンを分泌する役割があります。そのため、肝臓や腎臓の機能が低下すると、赤血球の生成が阻害されて貧血の原因になります。
また、胃腸炎などで胃腸から出血があると、赤血球が失われて貧血が起こりやすくなります。

・ローヤルゼリーは内臓を健康にする
ローヤルゼリーには、内臓の機能を調整している自律神経のバランスを整える効果があります。また、血行を促進する高い効果があり、内臓の働きを活発にして健康状態を高めます。
さらに、ローヤルゼリーには血液中の脂質を減少させる効果があり、高血圧や動脈硬化を防いで肝臓と腎臓を健康に保ちます。

ローヤルゼリーは内臓の健康増進にとても効果的であり、内臓が原因で起こる貧血の予防に効果的です。

ローヤルゼリーは続けることが大切

以上のように、ローヤルゼリーには貧血を予防・改善する高い効果があります。しかし、赤血球は徐々に増えるものであり、効果が現れるまでには時間がかかります。
貧血を改善するローヤルゼリーの効果を十分に得るためには、長期間継続して摂取することが大切です。
貧血に悩んでいる人は、ローヤルゼリーを毎日の生活に取り入れて、症状の改善に役立ててみることをおすすめします。