ローヤルゼリーとピルを併用しても大丈夫?

ローヤルゼリーには女性ホルモンの働きを補助する効果があり、不妊や更年期障害の症状改善に役立ちます。そのため、経口避妊薬であるピルとの併用に不安を感じる人がいるかもしれませんが、心配する必要はありません。
ローヤルゼリーは健康食品であり、ピルと併用しても問題ありません。ローヤルゼリーには多くの健康効果があり、体調管理に役立つピルの働きを補助する効果や、ピルの副作用のリスクを低下させる効果も期待できます。

ピルとは?

ピルは、1960年代にアメリカで開発された経口避妊薬です。
避妊目的だけでなく、生理不順の改善やニキビ治療にも用いられています。

ピルには女性ホルモンが含まれており、その働きによって排卵を抑制します。
ピルに含まれている女性ホルモンは、腸から吸収されて脳に到達します。脳は卵巣から盛んに女性ホルモンが分泌されていると認識して、卵巣の機能を低下させます。その結果、卵巣の排卵機能が停止します。

ローヤルゼリーとピルを併用しても問題ない

ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には女性ホルモンの働きを補助する効果があります。また、ローヤルゼリーには血行を促進して身体を温める効果があり、不妊の改善に効果的な健康食品として知られています。
そのため、ピルとの併用に不安を感じる人がいるかもしれませんが、併用しても問題ありません。

ピルは身体に女性ホルモンを補う薬であり、ローヤルゼリーはその効果の邪魔にはならず、避妊効果に影響を及ぼしません。
ピルを飲んでいても、ローヤルゼリーを摂取して健康や美容に役立てることができます。

ローヤルゼリーとピルを併用する際の注意点

ローヤルゼリーとピルを併用しても問題ありませんが、念のため同時に飲み始めるのは避けたほうがよいでしょう。

ピルの副作用には、片頭痛・吐き気・むくみ・精神不安などがあります。これらは飲み始めた際に特に起こりやすい症状です。
また、ローヤルゼリーは健康にとても効果的ですが、アレルギーなどの体調不良の原因になる場合があります。そのため、飲み始める際には身体の調子をみながら少量ずつ摂取する必要があります。

ローヤルゼリーとピルを同時に摂取すると、体調不良が起こった場合にどちらが原因なのか判別しにくくなります。また、ピルの影響で体調不良が起こると、ローヤルゼリーによるアレルギーのリスクも高まります。

ローヤルゼリーとピルを併用する場合は、両者を同時期に飲み始めるのは避けて、片方を飲んで体調に問題がないことを確認してからもう片方を飲み始めるようにしましょう。

ローヤルゼリーとピルを併用するメリット

ローヤルゼリーは、ピルを服用している際の健康管理にも効果的です。

血栓症のリスク低減

ピルの代表的な副作用として、血栓症のリスクが高まることが挙げられます。ピルは肝細胞を刺激して血液を固まりやすくする成分の生成を促進し、血管を詰まりやすくします。

ローヤルゼリーには血管を拡張する成分が豊富に含まれているほか、血液中の脂質を減少させて血液をサラサラにする効果があります。
ローヤルゼリーには血行を促進する高い効果があり、ピルの副作用である血栓症のリスクを低下させます。

PMS(月経善症候群)の改善効果が高まる

PMS(月経前症候群、Premenstrual Syndrome)は、月経前に起こるさまざまな心身の不調のことです。ピルには生理痛を抑制する効果があり、PMSの治療目的でも利用されています。

ローヤルゼリーにはPMSの症状改善に役立つとされるビタミンB6・マグネシウム・カリウムが含まれています。また、PMSの症状を悪化させるストレスを軽減する効果もあります。

PMSの治療目的でピルを服用している場合にローヤルゼリーを併用すると、より高い改善効果が期待できます。

美肌効果が高まる

ピルは女性ホルモンの働きによって、ニキビの原因となる男性ホルモンの働きを抑制します。そのため、ニキビの治療にも用いられています。

ローヤルゼリーには、皮脂の分泌を抑える効果や、肌の新陳代謝を活発にして肌を健康にする高い効果があります。
ピルとローヤルゼリーを併用すると、より高いニキビの改善効果が期待できます。

まとめ

ローヤルゼリーはピルの避妊効果に影響を及ぼさず、併用しても問題ありません。ローヤルゼリーには多くの健康効果があり、両者を併用すると、ピルの副作用である血栓を予防する効果や、体調管理に役立つピルの働きを補助する効果が期待できます。
ピルを服用している人でも安心してローヤルゼリーを摂取して、健康と美容に役立ててください。