高品質な台湾産ローヤルゼリー

日本では、台湾産のローヤルゼリーが流通しています。台湾は、気候が温暖で養蜂に適しており、品質の高いローヤルゼリーの産地として知られています。また、品質管理が徹底されていることから安全性の高さも魅力です。さらに、国産品よりも価格が手ごろで、摂取を続けやすいというメリットがあります。

中国産の次に流通量が多い台湾産ローヤルゼリー

日本で流通しているローヤルゼリーのほとんどは外国産です。その中でも中国産が多く、全体の9割以上を占めます。
中国産の次に流通量が多いのが台湾産で、全体の3-4%程度を占めています。

なお、国産のローヤルゼリーは年間生産量が3トン程度と非常に少なく、消費量全体の0.7%程度です。

台湾産ローヤルゼリーの製品タイプ

・生ローヤルゼリーが中心
台湾産のローヤルゼリーは、主に生ローヤルゼリーとして販売されています。生ローヤルゼリーは、採取したローヤルゼリーから不純物を取り除いただけの未加工のローヤルゼリーです。

台湾では鮮度を保つために、採取したローヤルゼリーをすぐに冷凍保存します。台湾産の生ローヤルゼリーは鮮度が高く、品質が劣化していないため高い効果が期待できます。

・カプセルやハチミツ製品などにも利用されている
数は少ないものの、乾燥加工した台湾産のローヤルゼリーをカプセルに詰めた製品や、ハチミツに台湾産ローヤルゼリーを混ぜた製品なども販売されています。

ローヤルゼリーはサプリメントやドリンク剤、化粧品などにも幅広く利用されていますが、そうした加工品には主に中国産が利用されており、台湾産を使用した製品はあまり多くありません。

台湾産ローヤルゼリーのメリット

台湾産のローヤルゼリーにはさまざまなメリットがあります。流通量は中国産に比べて少ないですが、特に高品質なローヤルゼリーを購入したい場合は有力な選択肢のひとつです。

養蜂に適した気候で品質が高い

台湾の気候は、北部が亜熱帯で南部が熱帯に属しており、ミツバチの成育に適した環境です。また、ローヤルゼリーの材料となる花粉や蜜を提供する植物が季節を問わず存在しており、品質の高いローヤルゼリーが一年を通して大量に採取できます。

品質管理が徹底している

台湾ではローヤルゼリーの品質管理が徹底して行われており、採取するとすぐに冷凍されるのが特徴です。

特に生ローヤルゼリーは鮮度が重要で、鮮度が下がると効果が低下することが知られています。
例えば、ローヤルゼリーには高い疲労回復効果がありますが、鮮度が悪化するとその効果が著しく低下することが確認されています。また、高温で長期間保存したローヤルゼリーは女王蜂を生み出す力がなくなることが、研究で確認されています。

台湾産のローヤルゼリーは鮮度が高く、高い健康効果が期待できます。

輸送に時間がかからない

台湾と日本は比較的近く、飛行機の場合は東京まで4時間30分、大阪まで3時間30分程度です。
冷凍保存されているとはいえ、輸送時間が長いと品質低下が起こるリスクが高まります。台湾産ローヤルゼリーは外国産としては輸送時間が短く、品質が高く保たれたまま日本に輸入されています。

国産品に比べて価格が安い

台湾ではローヤルゼリーが一年を通して採取できます。そのため、国産品に比べて価格が安めです。
ローヤルゼリーは長く続けてこそ効果が十分に発揮されます。摂取を継続するためには、価格は非常に重要です。高品質でありながら価格が比較的手ごろな台湾産は、摂取を継続しやすい優れたローヤルゼリーです。

台湾産ローヤルゼリーのデメリット

多くのメリットのある台湾産ローヤルゼリーですが、デメリットもあります。

・中国産に比べて価格が高い
国産品に比べると安価な台湾産ローヤルゼリーですが、主に流通している中国産と比べると価格が高めです。
一般的な価格は「国産>台湾産>中国産」の順で高額です。製品を購入する際には、産地ごとの品質と価格をよく比較した上で選ぶことが大切です。

・国産品よりも輸送に時間がかかる
台湾は比較的日本に近いですが、国内の養蜂場には及びません。そのため、鮮度にこだわる人の中には国産品を好む人もいます。

まとめ

台湾産のローヤルゼリーは、日本で消費されるローヤルゼリーの3-4%程度を占めています。
台湾は気候が温暖で養蜂に適しており、高品質なローヤルゼリーの産地として知られています。また、品質管理が徹底していて輸送時間も短いことから、台湾産のローヤルゼリーはとても新鮮です。
高品質な台湾産ローヤルゼリーを、いちど試してみることをおすすめします。