骨粗しょう症の予防に役立つローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、骨粗しょう症の予防に役立つ多くの効果があります。
骨粗しょう症は、骨密度が低下して骨折しやすい状態になる症状です。骨粗しょう症による骨折が原因で、介護が必要になったり認知症が進行したりするケースが珍しくありません。骨粗しょう症は気付かないうちに進行するため、日頃からの予防がとても重要です。

骨密度を高める効果が実験で確認されている

ローヤルゼリーの骨粗しょう症に対する効果は、実験でも確認されています。
骨粗しょう症を誘発させたラットにローヤルゼリーを投与したところ、骨密度の低下が抑制され、投与量に比例して骨中のカルシウム量が増加したという実験報告があります。

デセン酸のエストロゲン様作用が骨密度を高める

・エストロゲンには骨を丈夫にする作用がある
骨粗しょう症は、閉経後の女性に特に多く起こる症状で、患者全体の約8割を占めます。
これは、女性ホルモンのエストロゲンに骨を丈夫にする作用があり、閉経前後にエストロゲンの分泌量が急激に減少するためです。

・デセン酸はエストロゲンの作用を補助する
ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸には、体内でエストロゲンと似た働きをするエストロゲン様作用があります。デセン酸は骨を丈夫にするエストロゲンの働きを補い、骨密度を上昇させます。

コラーゲンの生成を促進して骨を丈夫にする

骨の形成にはタンパク質のコラーゲンが必要です。骨はコラーゲンが絡みあっている隙間をカルシウムが埋める形で形成されています。そのため、コラーゲンが不足すると骨がもろくなります。

ローヤルゼリーには、コラーゲンの材料になるアミノ酸が豊富に含まれています。
また、女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンの生成を促進する作用があります。エストロゲンの作用を補助するデセン酸は、コラーゲンの生成量を増加させて骨を丈夫にします。

骨の形成を促進する成分が含まれている

ローヤルゼリーには、丈夫な骨の形成を促進する成分が含まれています。
類パロチンは、人間の唾液腺ホルモンであるパロチンに似た生理作用をもつ物質です。パロチンは成長ホルモンの一種で「若返りホルモン」とも呼ばれ、骨を若く丈夫な状態に保つ作用があります。ローヤルゼリーは、類パロチンの働きによって丈夫な骨の形成を促進します。
また、アミノ酸のアルギニンには、骨の形成を促進する成長ホルモンの分泌量を増加させる作用があります。

骨をもろくするホモシステインを減らす

骨の強度を低下させる物質に、ホモシステインがあります。ホモシステインは、骨を形成するコラーゲンの結びつきを弱めて骨をもろくします。
ローヤルゼリーには、ホモシステインの代謝を促進するビタミンB6・ビタミンB12・葉酸が豊富に含まれています。ローヤルゼリーは、骨をもろくするホモシステインを減少させて骨を丈夫にします。

生活習慣病を予防して骨を健康に保つ

近年の研究によって、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病の患者は、骨密度が低下しやすいことが明らかになっています。

ローヤルゼリーには血液中の脂質を減少させる効果や血糖値を抑制する効果があり、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病の予防にとても効果的です。ローヤルゼリーは骨をもろくする生活習慣病を防ぐことで、骨粗しょう症の予防・改善に役立ちます。

骨の材料となる成分が含まれている

ローヤルゼリーには、骨の材料となるカルシウム・マグネシウム・リンが含まれています。
ローヤルゼリーは身体にこれらのミネラルを補い、丈夫な骨の形成を促進します。

睡眠の質を高めて骨を丈夫にする

睡眠中には成長ホルモンの分泌量が増加します。丈夫な骨の形成には、十分な睡眠をとることが重要です。
ローヤルゼリーには安眠効果のあるグリシン・セリン・ビタミンB12が含まれているほか、睡眠を促すホルモンのメラトニンの生成を促進する成分が含まれています。
ローヤルゼリーは睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌を促進し、骨を丈夫にします。

まとめ

ローヤルゼリーには、骨を丈夫にする女性ホルモンの働きを補助する効果や、骨の形成に重要なコラーゲンの生成を促進する効果などの、骨粗しょう症の予防に役立つ多くの効果があります。骨密度を高めるローヤルゼリーの効果は、実験でも確認されています。
骨粗しょう症には自覚症状がない場合が多く、日頃からの予防がとても重要です。毎日の生活にローヤルゼリーを取り入れて、丈夫な骨の形成に役立ててみることをおすすめします。

MENU